みんなで300キロ!

  • 2016.12.11 Sunday
  • 20:37

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_0362.JPG

 

きょう、大竹和紙工房のボランティアさんは

防鹿へ出かけていったで。

 

IMG_0347.JPG

 

うまそうなトン汁!!!

 

あっ、ほうか、ほうか。

トン汁をつくりに行ったんじゃあ・・・・

 

うんにゃ。

今日は、トン汁隊は別におっちゃった。

 

和紙工房のボランティアさんは、

前からやってみたかった、

コウゾの刈取りを手伝うたんと。

 

IMG_0357.JPG

 

『タケちゃん!地元で和紙の原料をつくることの大変さが

 よう、わかったよ!』

 

今日は、300キロほど、コウゾの束をつくったそうな。

 

IMG_0337.JPG

 

まず、せんていばさみとノコを使うて伐る。

 

去年に比べると、ことしは生育が悪うて、

細〜〜〜いコウゾが多いそうな。

 

IMG_0355.JPG

 

伐ったコウゾは、太さごとに選り分けて、紐でしばり、

ほいで、押切りで130僂猟垢気砲修蹐┐襦

 

『タケちゃん!とにかく手間がかかるんよ。』

 

和紙工房のボランティアさんは、

皮はぎには何度か参加しとるが、

その前の工程が、こんなに手がいるとは知らんかったらしい。

 

『ほいでも、今日は11人おったけぇね。

 会長さんらぁは、長い間、少ない人数でやってきちゃったん。

 伝統を継いでいくんは、ホント大変じゃ〜〜〜』

 

株だけになったコウゾの畑を眺めて、

和紙工房のボランティアさん、しみじみ思うたそうな。

 

IMG_0359.JPG

 

今度の土曜は、コウゾはぎ。

 

刈り取ったコウゾの皮をはぐで〜〜〜

 

大竹手すき和紙サポーターズ

冬の作業の協力者募集

 

DSCF3873.JPG

 

コウゾの皮はぎ

12月17日(土)10時〜  13時〜(予定)

 

大釜で蒸したホカホカのコウゾの皮をはぎます。

希望者には、黒皮を削る作業も体験していただけます。

 

<集合場所>「大竹手すき和紙の里」(大竹市防鹿3365)

      ☆当日は、少雨・小雪決行。荒天等で中止の場合は、朝7時までに連絡します。

 

<準備>  午後も作業される方は、弁当を持参ください。  

      ●屋外での作業です。防寒着で、タオル、軍手、飲み物をご持参ください。

       樹液等がつく場合がありますので汚れても良い服装でお越しください。

 

<注意事項>大竹手すき和紙サポーターズは、おおたけ手すき和紙保存会の

      各種活動を支援している個人の集まりの愛称です

      ボランティア保険へ各自で加入されることをおすすめします               

       ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます

 

<申し込み>作業日の2日前までに、

      氏名・電話番号・希望作業を電話またはメールでお知らせください。

      

      携帯番号/090-5370-2463 (プロジェクト世話人:森本)

      eメールアドレス/otakewashi@sage.ocn.ne.jp  

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(プロジェクト世話人:森本) 

 

いよいよ冬作業

  • 2016.12.02 Friday
  • 06:16

 

わし、タケちゃん。

 

12月じゃね。

 

いよいよ今月からは、

コウゾの刈取りや皮はぎがはじまるでぇ。

 

ちっと前から、ボランティアを募集しとるんじゃが

なんせ12月じゃろ。

思うたほど人が集まっとらん。

 

よし、手伝うちゃろう!・・いう人がおっちゃったら、

よろしゅうお願いします!

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

大竹手すき和紙サポーターズ

冬の作業の協力者募集

 

コウゾの刈取り

12月11日(日)9〜15時(予定)

 

刈り取ったコウゾを和紙の里まで運び、

押切で切り揃えるまでの作業を行います。

 

正木PT?.JPG

 

正木PT?.JPG

 

コウゾの皮はぎ

12月17日(土)10〜15時(予定)

 

大釜で蒸したホカホカのコウゾの皮をはぎます。

希望者には、黒皮を削る作業も体験していただけます。

 

コウゾ蒸し.jpg

 

画像 159.jpg

 

<集合場所>「大竹手すき和紙の里」(大竹市防鹿3365)

      ☆当日は、少雨・小雪決行。荒天等で中止の場合は、朝7時までに連絡します。

 

<準備>  午後も作業される方は、弁当を持参ください。  

      ●刈取り参加者は、防寒着、カッパ、長靴、タオル、飲み物、

       軍手またはゴム手袋を持参。

       樹液等がつく場合がありますので汚れても良い服装でお越しください。

       また、せん定ノコやせん定バサミをお持ちの方はご持参ください。

      皮はぎ参加者は防寒着で、タオル、軍手、飲み物をご持参ください。

 

<注意事項>大竹手すき和紙サポーターズは、おおたけ手すき和紙保存会の

      各種活動を支援している個人の集まりの愛称です

      ボランティア保険へ各自で加入されることをおすすめします               

       ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます

 

<申し込み>各作業日の2日前までに、

      氏名・電話番号・希望作業を電話またはメールでお知らせください。

      

      携帯番号/090-5370-2463 (プロジェクト世話人:森本)

      eメールアドレス/otakewashi@sage.ocn.ne.jp  

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(プロジェクト世話人:森本) 

 

 

20年目のこいフェス

  • 2016.11.13 Sunday
  • 17:17

 

わし、タケちゃん。

 

DSCF6956.JPG

 

う〜〜〜〜ん、もどかしい!

 

大竹和紙工房のボランティアさん、

もちいと、ええ写真は撮れんかったん?!

 

秋晴れじゃったし、ほどよう風もあったのに・・・。

 

きょうは、20年目のコイ・こいフェスティバル。

大竹手すき和紙サポーターズが計画した

和紙こいのぼりも無事に空を泳いだでぇ。

 

DSCF6947.JPG

 

市民会館の屋上から鯉のぼりを吊るしたんじゃが

綱が絡まったりして、最初、うもういかんかったん。

 

3メートルから5メートルまで

真鯉と緋鯉が4匹。

 

和紙のでっかい鯉のぼりをきれいに大空に泳がせるんは、

思うた以上に大変なんじゃね。

 

DSCF6955.JPG

 

サポーターズの人らぁは苦労しとったが

やっぱし、こいのぼりは

風をうけて元気に泳ぐんがええ〜

 

鯉のぼりを提供してくれちゃった大石雅子さんは、

喜んでくれちゃったじゃろうか。

 

腰が痛い〜言うてのに

今年も手描きこいのぼりの指導をしよっちゃったで。

 

DSCF6963.JPG

 

DSCF6961.JPG

 

ところできのう、大竹小学校の五年生さんが数人、

和紙工房に来ちゃったんじゃが

その子らぁも今日の鯉のぼり、見てくれたじゃろうか。

 

いろんな人に、大空に泳ぐ和紙こいのぼりの

感想を聞いてみたいでぇ。

 

DSCF6941.JPG

 

 

天気にな〜れ!

  • 2016.11.10 Thursday
  • 11:17

 

わし、タケちゃん。

 

さっき天気予報を見たら、この日曜日は、おおかた晴れじゃった。

 

このまま予報が当たってくれたらええんじゃが、

アメリカの選挙のようなこともあるけぇ、

ちっと心配じゃ。

 

なんで、天気予報が気になるか・・・。

 

前にも言うたが

コイ・こいフェスティバルで、大竹和紙のでっかいこいのぼりを

屋外にあげる計画があるん。

 

DSC_0600[1].jpg

 

これは、この前の日曜日にためしに鯉のぼりをあげたときの写真じゃ。

 

祭りの会場の大竹市総合市民会館の屋上からロープを引いて、

5m、4m、3mの鯉のぼりを全部で4匹つるしとる。

 

この日は、風が強うて苦労したんと。

 

そうかぁいうて、こいのぼりは、風がないと、元気に泳がんし・・・。

まっ、雨だけはさけたいところじゃね。

 

今日の中国新聞に記事が出とったが

和紙のこいのぼりが屋外で泳ぐ姿いうんはめった見れん。

バッサバッサ・・いう風を切る音も一度は聞いてみんさい!

 

13日の日曜日、コイ・こいフェスティバルの会場で

待っとるで〜

 

IMG_0310.JPG

11月の鯉のぼり

  • 2016.11.01 Tuesday
  • 07:14

 

わし、タケちゃん。

 

DSCF6926.JPG

 

これ、なにしよると思う?

 

美人さんが鯉のぼりを描いとる!

 

当たりっ!

 

これ、この13日の日曜日にある

「コイ・こいフェスティバル」の看板なん。

 

DSCF6930.JPG

 

大竹手すき和紙サポーターズの人らぁは、

月にいっぺん集まって、大竹和紙のために何かやろう!いうて話おうとる。

 

そんなかで、5メートルのでっかい鯉のぼりを外にあげる話がもちあがったん。

 

和紙こいのぼりが大空を泳ぐ姿は、大竹でもなかなか見られんけぇ、

子供らぁに見せてやろう・・いうての。

 

DSCF6932.JPG

 

ほいでこの看板は、こいフェスの時に、

空高うあがっとる鯉のぼりは、大竹和紙でつくったもんで〜〜と

伝えるためのもんなん。

 

5メートルと3メートルの真鯉と緋鯉、

全部で4匹の鯉のぼりをあげるんと。

 

DSCF6937.JPG

 

ほいで、この看板は、ホールの入口あたりに置く予定。

 

鯉紙を三枚つなぎあわせて、

由木りびさんいう作家さんが半日がかりで描いてくれた

看板、いや作品じゃ。

 

なんともいえん温かみがあるけぇ、

でっかい鯉のぼりとともにこっちもぜひ見に来んさい!

 

大竹市最大の市民祭

こい・コイフェスティバル in おおたけ2016

2016年11月13日(日) 9時30分〜16時

大竹市総合市民会館周辺

ステージ、バザー、大竹産業コーナー、こども広場、スタンプラリーほか

 

芽かきプロジェクト打ち上げ

  • 2016.09.26 Monday
  • 16:51

 

わし、タケちゃん。

 

きのうは、せっかくカープの地元最終戦じゃったのに

雨で流れてしもうて、残念じゃったのぉ。

 

コウゾの芽かきプロジェクトの打ち上げに、手すき和紙の里に集まった人らぁも

急に雨が降り出して、少し早めに切り上げたんと。

 

DSC_0543.jpg

 

『11時前からバーベキューをはじめて、1時くらいまで天気がもったけぇ、

 私らぁは、ラッキーじゃったね』

和紙工房のボランティアさん、言うとった。

 

今年の芽かきプロジェクトの参加者は、のべ60人余り。

去年に比べると大幅に減ったんじゃが、

これは、雨にたたられて作業が中止になった日が多かったけぇなん。

 

ほれに、8月下旬は、

高温でわき芽が出んけぇ・・いうて、作業が取りやめになったしのぉ。

 

この日の打ち上げバーベキューの参加者は、去年とほぼ同じの31人。

広島市や岩国市から来てくれちゃったサポーター、

地元大竹のサポーターや防鹿の保存会のメンバーらが入り混じって、

話に花が咲いたんと。

 

『タケちゃん!保存会の中本会長さんは、うれしそうじゃったよ。

今年は、肩の手術をしちゃったけぇ、作業にも参加できんかったし、

芽かきプロジェクトのこと、心配しとっちゃったんかもしれんね・・・。』

 

ほういう和紙工房のボランティアさんは、同じ心配でも、ちと次元が低いんじゃが

“バーベキューの肉が足らん・・”いうて、気をもんどった。

いちおう、あん人、買い出し係じゃったけぇ。

 

2016.7.10.JPG

 

今年はもちいと、芽かきをせんならんらしいが

とりあえず無事終了した2016コウゾ芽かきプロジェクト。

熱中症で倒れる人も出んで、ホント、よかった!よかった!

 

皆さん、ごくろうさん!!

 

あっ、ほいで、冬のはじめには、刈り取りがあるけぇ、

また、みんなで集まろうの。

 

 

三ツ石の畑

  • 2016.08.24 Wednesday
  • 07:07

 

わし、タケちゃん。

 

この間、おおたけ手すき和紙保存会の中本会長さんが

和紙工房に来ちゃったで。

 

“雨が降らんけぇ、やれん。トロロアオイの畑に毎日、水を運びよる”

言うて、帰っちゃった。

 

この冬、手術した肩はだいぶようなったみたいじゃ。

軽トラの運転もしてもようなったんと。

 

ホンマ、ひと安心でぇ。

秋から本格復帰じゃの!

 

ほいで、畑の話じゃが・・・、

いろんなところに植えとるトロロアオイのほうは、

何とか水をもろうとるようじゃが

コウゾのほうはそうはいかん。

 

カミとか、シモとか、サポーターズが管理しとる畑のことを

このブログでも時々紹介しとるが

実は、三ツ石いうところにも畑があるん。

 

DSC_0561.jpg

 

おっ、ここじゃあ。

 

ちっと、高いところにあるんで、

精鋭部隊が担当しとるん。

 

この日曜日は、5人のサポーターが芽かきに行っちゃったん。

写真を送ってもろうたけぇ、報告するで。

 

DSC_0551.jpg

 

DSC_0548.jpg

 

幹が太いじゃろお〜〜

 

こりゃ、刈取りが楽しみじゃのぉ。

 

雨も降らんのにぐんぐん成長しとって、

4メートル近うなっとる木もあるんと。

 

4メートルでぇ。

和紙工房の鉢植えのコウゾは、80センチくらいの背丈からいっこも伸びん。

 

環境が違うと、同じコウゾでも差が出るもんじゃのぉ。

 

 

この日曜(8月28日)に予定しとった

カミの畑の芽かきは、雨が降らんけぇ、わき芽が出んけぇ、

中止になったん。

 

今月もあと一週間。

それまでに少しは雨も降るじゃろう。

 

9月になったら、芽かき、再開じゃ。

 

DSC_0556.jpg

 

大竹手すき和紙サポーターズ 2016コウゾ芽かきプロジェクト

お問い合わせ  ◆090-5370−2463 

(大竹和紙サポーターズ 芽かきプロジェクト世話人:森本)

※大竹和紙サポーターズは、コウゾの芽かき作業をはじめとした、
 おおたけ手すき和紙保存会の各種活動を支援している個人の集まりの愛称です。

 

芽かきの日程を変更

  • 2016.08.11 Thursday
  • 17:06

 

わし、タケちゃん。

 

さっきも天気予報を見たんじゃが

大竹は、この先しばらく、まとまった雨が降らんようじゃね。

ほれに、気温が高いんも続くようじゃ。

 

じゃけぇ、8月後半に二回予定しとる「コウゾの芽かき作業」を

取りやめることになったけぇ、今日は知らせるで。

 

IMG_0250.JPG

 

大竹和紙工房のボランティアさんは、

この7日の日曜日に、カミの畑の芽かきに行ったんと。

 

『タケちゃん!畑の土がカラカラに乾いとって、わき芽があんまし出とらんのんよ。

 コウゾは強い植物じゃけぇ、背も高うなっとったし、幹もわりかし太いんじゃけどね・・』

 

IMG_0252.JPG

 

ゆうに背丈を越すほどに伸びたコウゾ。

下から見ると、こんな感じなんと。

枝をかきわけ、かきわけ、畑の奥の方に行くんは、けっこう大変らしい。

 

IMG_0255.JPG

 

『タケちゃん!今年、開墾した畑のコウゾは木がまだ小さいけぇ、

 水不足で元気がなかったよ。ちょっと、かわいそうじゃった。』

 

IMG_0266.JPG

 

こっちは、シモの畑のコウゾ。

ここは保存会の会長さんがリハビリを兼ねて、きれいに除草しとってけぇ、

コウゾも元気じゃ。

 

ほいで、30年以上、コウゾを栽培しとっての

中本会長さんと相談して、

いったん、芽かきボランティアの募集はやめよういうことになったんと。

 

じゃけぇ、9月になったら、芽かき作業を再開するで!

ほいで、今年は10月にも芽かきをするかもしれん。

 

そん時は、時間がある人、手伝いをお願いします。

 

IMG_0268.JPG

 

シモの畑のすぐ下は、小瀬川。

水はえっとあるんじゃがの〜〜〜
 

大竹手すき和紙サポーターズ 2016コウゾ芽かきプロジェクト

お問い合わせ  ◆090-5370−2463 

(大竹和紙サポーターズ 芽かきプロジェクト世話人:森本)

※大竹和紙サポーターズは、コウゾの芽かき作業をはじめとした、
 おおたけ手すき和紙保存会の各種活動を支援している個人の集まりの愛称です。

 

心強い応援

  • 2016.07.11 Monday
  • 15:16

 

わし、タケちゃん。

 

2016.7.10?.JPG

 

きのうは、芽かきプロジェクトの日じゃった。

 

参加者は、12人。

 

先週は、四国銀行さんがえっと応援に来てくれちゃったが

きのうは、もみじ銀行と日本製紙さん。

 

ほいで、戸田工業さんも近々、来てくれての予定になっとる。

 

どれも大竹市に工場や事業所、支店のある企業さんなんと。

 

『タケちゃん!企業のみなさんには一年目からお世話になっとるけど、

 ほんと心強いねぇ〜〜〜』

 

大竹和紙工房のボランティアさん、しみじみ言うとった。

 

なんせ3年前まで、芽かきは、

手すき和紙保存会の会長さんが、暑い中、たった一人でしよっちゃったんじゃけぇのぉ。

 

まさか、企業の人まで応援してもらえるようになるとは。

(声をかけてみるもんじゃのぉ・・・)

 

和紙工房のボランティアさんは、

 

『作業が終わったあと、お茶を飲みながら、みんなで少しおしゃべりするでしょ。

 あれがええねぇ〜〜〜』言うとった。

 

転勤して来とっての人も多いし、

いろんな話が聞けるんと。

 

ほいできのうは、「芽かき組」と「草取り組」に分かれて

1時間半ほど作業をしたそうな。

 

2016.7.10?.JPG

 

これが「上の畑」。

もぅ背丈ぐらいに伸びとるんもあるで。

 

2016.7.10?.JPG

 

こっちは、新しい畑。

野球でいうたら二軍じゃね。

まだ、幹は細いが二・三年もすりゃあ、

大竹和紙のええ原料になることじゃろぅ。

 

きのうは、根元にはえとる草を取ってやったけぇ、

育ちがようなることじゃろ。

 

次の作業日は、7月24日の日曜日。

 

実は、この日のボランティアがいまのところ、ちっと不足しとる。

 

応援しちゃる・・いう人がおったらとりあえず連絡をお願いするでぇ。

 

 

大竹手すき和紙サポーターズ
2016コウゾ芽かきプロジェクト参加者募集


<実施予定日> 実施は、すべて日曜日です
●7月24日・31日
●8月7日・21日・28日
●9月4日

<作業地・作業内容>
大竹市防鹿の小瀬川河川敷2か所のコウゾ畑(約200坪)で
除草と芽かき(わき芽の摘取り)を行います


<作業時間・募集人員>
午前9時〜11時予定 各回15名程度募集

<集合時間・場所>
午前9時に 「大竹手すき和紙の里」へ集合 (大竹市防鹿3365) 

※お車でお越しの場合はまず、大竹手すき和紙の里へお越しください。

☆少雨の場合でも、コウゾを傷める可能性があるため作業は中止。
天候等で作業を中止する場合は、朝7時までに連絡


<準備>
炎天下の畑での作業です。熱中症やマダニ、蚊などの対策を万全に!

長袖・長ズボン・長靴・軍手・帽子を着用。できるだけ肌の露出を減らしましょう。
飲み物、タオルもご持参ください。また、携帯用の蚊取り線香やスプレーなど
蚊の対策も忘れずに。除草具をお持ちの方は、ご持参ください。


<注意事項>
「ボランティア活動保険」へ加入される場合は、各自でお願いします。
 
なお、ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます。
昼食の用意はありません。作業後、和紙の里の休憩用テントをご利用いただけます

<申し込み>

氏名・住所・電話番号・希望日(複数日の参加歓迎)を
電話・ハガキ・メールでお知らせください
〒739-0631 大竹市防鹿3365 大竹手すき和紙の里内 「芽かきプロジェクト」係
      otakewashi@sage.ocn.ne.jp  ☎090-5370-2463(森本)
<お問い合わせ>

◆090-5370−2463 (大竹手すき和紙サポーターズ 芽かきプロジェクト世話人:森本)

大竹手すき和紙サポーターズは、コウゾの芽かき作業をはじめとした、
おおたけ手すき和紙保存会の各種活動を支援している個人の集まりの愛称です。

 

暑さ本番

  • 2016.07.04 Monday
  • 17:58

 

わし、タケちゃん。

 

ここんとこ雨続きで、

中止ばかりじゃった芽かきプロジェクトじゃが

やっときのうは、作業ができたようで。

 

じゃけど、きのうは35度を越す猛暑。

大竹が広島県内ではいちばん暑かったそうな。

 

DSC_0514.jpg

 

じゃけぇ、芽かきや草取りをしてくれちゃったサポーターの皆さんは、

ぐったりして、和紙の里へ帰ってきちゃったんと。

 

ほいでも昨日は、作業の後、楽しいことがあったらしい。

 

そうめん流しをしたんと。

 

えっ、芽かきプロジェクトには、いつもそんな“お楽しみ”があるんかって?

 

いんや。

 

きのうはたまたま・・というか。

 

参加した大竹和紙工房のボランティアさんによると

『なんとなく、そうめん流しを夏に一回するんが恒例になっとって、

 たまたま昨日になったん。ほかの作業日の人には申し訳ないんだけど・・・』

とのこと。

 

みんなでそうめんを持ち寄って、わいわい楽しんだらしい。

 

DSC_0516.jpg

 

あっ、これこれ。

 

さくらんぼやミニトマト、キュウリも流したんと。

和紙の里の地下水は、冷とうて、美味しいけぇ、

何を流しても格別じゃろうのぉ。

 

“芽かきの後のおたのしみ”いうたら、

ちっと先の話じゃが9月には、

打ち上げのバーベキュー大会を予定しとるようで。

 

今度は、サポーター全員に声をかけるそうな。

 

えっ、わし?

もちろん行くでぇ〜〜〜

 

ぶち食べるけぇの!!

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM