バタンキュー

  • 2016.10.12 Wednesday
  • 07:00

 

わし、タケちゃん。

 

『タケちゃん!和紙工房から帰ったら、きのうはバタンキューじゃったよ』

 

バタンキュー?

また、フルイことばを・・・

 

相変わらず、お客さんは少ないんじゃろ。

なんで、そんなに疲れるん?

 

『ここんとこ、出店の準備が続いとるんよ。

 ひろしま夢ぷらざの大竹フェアじゃろ、

 明日からは、ゆめタウン大竹でもイベントがあるし・・・。

 ほうほう、先週は、西念寺さんで、大竹和紙トークもあったしね』

 

DSCF6869.JPG

                ◆ひろしま夢ぷらざ「大竹フェア」

 

DSCF6851.JPG

 

DSCF6848.JPG

                   ◆大竹和紙トークでの出店

 

『ほいで昨日は、夢ぷらざさんから在庫の問い合わせがあったん。

 ミニダコをたくさんほしいいうお客さんがおってんと』

 

そりゃ、ええ話じゃ。

ヒマなんより、忙しいほうがええじゃろ?

 

『そこなんよ〜〜〜。今、和紙工房はボランティアが四人しかおらんじゃろ。

 棚の在庫がどんどん少なくなっとるんじゃけど、

 今度、ボランティアのエースがしばらくお店から離れることになったん。』

 

えっ、あのボランティアさん?

そりゃ、和紙工房はピンチじゃの〜〜

 

『和紙工房を運営しとる商店街の人からは、あなた達はボランティアじゃけぇ、

 あんましムリせんでもええ〜〜言うてもろうとるんじゃけど、

 やっぱしお店は開けたいし、商品も並べたいし・・・』

 

うん、うん。

 

『ほいで、気ばかりあせっとる・・わけなん』

 

そうじゃの〜

 

『時々来て、絵付けとか、手伝うてくれての人もおってんよ。

 ホンマ、助かっとるん。

 これからは、そんな人をもっと増やしていかんといけんねぇ』

 

ほいで、お知らせなんと!!

 

大竹和紙工房で

絵付けボランティアを体験しませんか!

ボランティアに興味がある方は、まずは、絵付けを体験してみませんか?

ご希望の方には、「ちびこいのぼり」などもつくっていただけます。

体験料はもちろん無料。お気軽にお申込みください。

 

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

 

おおたけ特産品フェア

  • 2016.10.05 Wednesday
  • 18:05

 

わし、タケちゃん。

 

『タケちゃん!あしたは台風じゃけぇ、

 JRが通らんようになると、広島から帰れんようになるかもしれんね』

 

ほう心配しとった大竹和紙工房のボランティアさんじゃったが

昼前には、スズシイ顔して大竹に帰っとったで。

 

年に一度のプレッシャーのかかるシゴトがおわって、

ホッとしたようじゃね。

 

えっ、なにごと?

ほう、思うじゃろ。

 

今日は、本通りのひろしま夢ぷらざではじまる

「おおたけ特産品フェア」の準備の日じゃったん。

 

ボランティアさん、毎年、商品を並べに行っとるんじゃけど、

何回やっても、うもういかんらしいん。

 

『ほかの業者さんはプロじゃけぇ、きれいに並べてんじゃけど・・・、

 商品を並べるいうんは、ホント難しい』

 

毎年、同じようなもんを並べとるのに、

ほういうもんかのぉ〜

 

DSCF6868.JPG

 

今年も大石さんの手描きこいのぼりが目印なんと。

 

DSCF6870.JPG

 

ことしの新商品は、竹の筒に入っとる「五連のちびこい」。

小っちゃいんが、5つ並んどるんと。

 

せっかくじゃけぇ、

「おおたけ特産品フェア」のほかの業者さんのもんも紹介しようの。

 

DSCF6871.JPG

 

シュシュさんの焼き菓子。

うまいで〜〜

 

DSCF6875.JPG

 

あっ、「安芸弥栄」も!

ファンが多いん。

 

DSCF6876.JPG

 

なか川さんのつけ麺。人気商品じゃね

 

DSCF6873.JPG

 

三浦さんのブルーベリージャム。

初出展なんと。

 

DSCF6878.JPG

 

吉岡企画さんの「はちみつ」も評判じゃ!

 

DSCF6879.JPG

 

おおたけ特産品フェアは、明日10月6日(木)から18日(火)まで。

 

宇恵喜の太巻きとか、くらかけ果菜園さんのジャムとか、

ほかにもえっとうまいもんがあるけぇ、

広島本通りに来たら、寄ってみんさい。

 

わしも行こうかのぉ〜

 

ひろしま夢ぷらざ 

http://www.yumeplaza.com/

 

大竹和紙トーク!!!!

  • 2016.09.29 Thursday
  • 17:27

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_0298.JPG

 

今日は、お知らせでぇ。

 

この日曜日に、大竹市小方の西念寺さんで

「大竹和紙トーク!!!!」いうイベントが開かれるん。

 

ほいで、急な話じゃったんじゃが

大竹和紙工房もえっとじゃないが、大竹和紙でつくったもんの販売をすることになったん。

 

午後1時から販売をはじめて、

2時からは、東京のNPOの人の講演とかがあるけぇ、

あんまし店を開けとる時間はないんじゃが

大竹和紙でどんなもんをつくっとるか、見てもらうにはええチャンスかもしれん。

 

和紙工房のボランティアさん、

どんなもんを出品しようか、迷うとるようで。

 

『タケちゃん!大竹和紙いうたら、やっぱし鯉のぼりじゃけぇ、

 大石さんの手描き鯉のぼりとか、持って行こうかねぇ(ちと値が張るが・・・)』

 

『大竹和紙は広島市内じゃ手に入らんけぇ、意外に無地のハガキとかええかも・・・』

 

『五連のちびこいのぼりの新作・・・。みんな、どう言うてかねぇ』

 

ボランティアがつくっとるもんじゃけぇ、

目のこえた和紙好きの人らぁに紹介するんはハズカシイ・・言うとったボランティアさん。

 

期待と不安が半分半分の心境なんと。(あ〜〜〜、めんどくさい性格じゃのぉ)

 

とにかく、時間のある人は日曜日に来てみんさい。

 

このイベント。きっと、おもしろいでぇ。

 

大竹和紙トーク!!!!

(主催のパインコーンズさんのフェイスブックより)

 

和紙が好きな方、紙に関わることを生業にされている方、
和紙を販売されている方、和紙の保存活動にかかわる方。大竹和紙が気になる方。
10月2日は広島県で唯一、手すき和紙の伝統の残る大竹市にGO!

和紙を国内外に広める活動を行っている、NPO法人PIARAS(東京)キミナミユミコ代表を
お迎えして開催するトークライブ「大竹和紙トーク!!!!」
和紙になじみがない人も、和紙関係者にも日本の和紙について
じっくり知ることのできるトークライブ。

大竹近辺在住の和紙作家さんの和紙雑貨販売もあります。
大竹和紙を購入したい方は”大竹和紙トーク!!!!”へ

 

【日時】 2016年10月2日(日)13時〜16時 入場無料
【場所】 智海山 西念寺(大竹市小方2-10-3) ゆめタウン大竹から徒歩5分
【スケジュール】
 13:00 OPEN
 14:00 トークライブ
      1部 トークライブ「手漉き和紙ってなんですか?」
      NPO法人PIARAS 代表 キミナミユミコさん
      2部 トークセッション「頑張れ、日本の和紙」
      キミナミユミコさん(NPO法人PIARAS 代表)× 中本伊勢雄さん(大竹和紙保存会会長)
      コーディネーター 正木耕太郎さん(西念寺)
【出店】
 kumonoirooo/Le B+/3D中山/大竹和紙職人・大谷一真/大竹和紙工房/NPO法人PIARAS
【企画運営】
 PiNECoNeS LLP
【協力】
 智海山 西念寺

 

NPO法人PIARAS
http://www.piaras.org/
https://www.facebook.com/npopiaras/

 

紙で日本旅行

  • 2016.09.15 Thursday
  • 06:37

 

わし、タケちゃん。

 

ちっと前、東京の「紙の博物館」いうところから、分厚い封筒が届いたん。

 

開けてみたら、チラシやらポスターやらがえっと入っとった。

 

「紙で旅するニッポン 〜九州・中国編〜」展の案内じゃったんじゃが

何やら見覚えのあるもんがのっとる。

 

img001.jpg

 

チラシの写真を見て、わかったかの?

 

ほうなん、大石さんの手描き鯉のぼりがのっとったん。

 

わし、これを見つけたとき、ぶちうれしかったでぇ。

 

夏のはじめ頃じゃったか、紙の博物館の学芸員さんが

和紙工房に来ちゃったらしいん。

 

いつものおしゃべりなボランティアさんは、その日、当番じゃなかったん。

ほいで、詳しいことはわからんのじゃが

その時に、大竹和紙と手描き鯉のぼりを買うて帰っちゃったそうな。

 

案内によると、

この「紙で旅するニッポン 」展は、

おととしから日本各地の紙(洋紙・和紙)をテーマに企画しとるんと。

今回の九州・中国編は、その第三弾じゃそうな。

 

ニッポンの誇れるモノづくりとしての"紙"を、

旅をする気分で改めて知っていただく機会になれば・・・いうて書いてあったで。

 

img002.jpg

 

公益財団法人 紙の博物館

http://www.papermuseum.jp/exhibit/temporary/2016/0917.html

 

ひと口に“紙”いうてもいろんな種類があるじゃろ。

和紙もつくる地域によって、いろいろじゃあ。

 

『タケちゃん!紙をテーマに旅するのもええかもしれんね』

 

なんでも影響を受けやすい和紙工房のボランティアさん。

たしか御朱印帳集めの時もほう言うとらんかったぁ?

 

まっ、それはさておき。

ええの〜、そんな旅ができたら!

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

外観.JPG

 

晴れ姿

  • 2016.09.12 Monday
  • 18:08

 

わし、タケちゃん。

 

この間、お客さんが

”え〜、ですね〜”と、

足をとめちゃったんが棚の上のこの作品。

 

入口の近くに飾っとるんじゃが

目立っとるでぇ。

 

DSCF6810.JPG

 

この夏、広島で“文化部のインターハイ”いわれる「ひろしま総文」いう全国イベントがあって、

その書道部門の交流会に大竹和紙が使われたん。

 

写真が小さい?

あっ、ほうじゃね。

 

IMG_0283.JPG

 

これでええじゃろか?

 

6人の高校生の合作じゃ。ハンコが6つ、あるじゃろ。

 

全国から集まった314人の高校生がグループにわかれ、

「私にとっての平和」いうテーマで合同作品をつくったんと。

 

それに、エッヘン!

大竹和紙が使われた・・いうわけなん。

 

世話をしちゃった熊野高校の書道部の先生が

義理堅い人でのぉ、

大会が終わった後、作品の一部を見せに、わざわざ大竹まで来てくれちゃったん。

 

大竹和紙を使うた作品じゃけぇ、

この二点を和紙工房と手すき和紙保存会がありがたく、もらうことになったん。

 

ほんま、先生、ありがとうございます!

 

IMG_0285.JPG

 

ほいで、こっちは、保存会が所有することになった作品。

 

「命」いう字がきいとるのぉ。

 

あとで知ったんじゃが、この二枚の作品は、大会の投票で

一番と二番になった作品なんじゃと。

 

『タケちゃん!書がのびのびしとって、素晴らしいね。

 それに、パネルの背景の画も高校生が描いたんと!』

 

やっぱし、高校生の作品は、若々しさにあふれとる!(わしも若いがの)

 

近くに来ちゃったら、和紙工房へ寄って、ぜひ、見てみんさい。

 

見るだけで、長生きできるでぇ〜

 

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

 

文化部のインターハイ

  • 2016.08.01 Monday
  • 07:26

 

わし、タケちゃん。

 

img002.jpg

 

先週の土曜日から、広島県内で“文化部のインターハイ”いうんが

開かれとるんを知っとる?

 

都道府県から選ばれた2万人の高校生が、

いま広島県内のいろんなまちで発表や交流をしとるんと。

 

演劇、合唱、吹奏楽・・・部門は全部で25あるんじゃが

そん中に「書道」があるん。

 

書道いうたら、広島の熊野町は全国一の筆の産地じゃろ。

熊野高校の書道部のみなさんは、地元の筆のことだけじゃのうて、

ありがたいことに大竹和紙のことも気にかけてくれてのぉ。

 

全国から集まる人に宣伝するんには、紙漉きのこと、まず勉強しよう・・いうて

保存会や和紙工房と交流を続けとるん。

 

あっ、去年の冬の体験会にも参加してくれて、

コウゾはぎを手伝うてくれちゃったで!

 

じゃけぇ、大竹和紙工房のボランティアさんは、

7月30日に大会がはじまると、さっそく県立産業会館で開かれとる

ひろしま総文「書道部門」の会場に行ったで。

 

DSCF6807.JPG

 

これが会場の様子。

高校生の作品が300以上も展示されとるんと。

 

DSCF6805.JPG

 

DSCF6802.JPG

 

県内の高校書道部が郷土を紹介する、こんな企画展のコーナーもあったそうな。

 

和紙工房のボランティアさんは、あわてものでのぉ。

 

書道部門じゃあ、大竹和紙を使うた展示がある・・言うて聞いとったんじゃが・・・。

 

実は、初日にはその展示がのうて、

二日目の交流会で、大竹和紙を使うて、

平和への思いを合作するいう企画が行われるんじゃったんと。

 

じゃけぇ、残念!大竹和紙の晴れ姿の写真はないん。

 

『タケちゃん!書道展の会場におったら、“一日会場に居てもあきませんよ”いうて

 話しとっての人がおっちゃったよ』

 

書道が好きな人は、ぜひ行ってみんさい。

和紙工房のボランティアさんのように、書道がようわからん人にも

へ〜〜〜とか、う〜〜〜とかいう作品がえっとあるらしい。

 

書道展は、8月3日、この水曜日までじゃ。

 

ぜひ、大竹和紙にかかれた合作作品も見てきんさい!

 

2016ひろしま総文 書道部門全国展

 

平成28年7月30日(土)〜8月3日(水) 9時〜18時 ※最終日は13時まで

広島県立広島産業会館 西展示館

 

※タケちゃんは、大竹和紙工房のマスコットキャラクターです

 

 

あしたは土曜夜市

  • 2016.07.29 Friday
  • 11:03

 

わし、タケちゃん。

 

あしたは、大竹駅前商店街の「土曜夜市」でぇ。

 

大竹和紙工房は、毎年、三角くじをしとるんじゃが

今年は、新企画がひとつ。

 

じゃ〜〜〜ん

 

DSCF6800.JPG

 

大竹和紙に描く「似顔絵」いうんをするん。

 

ポスターの似顔絵、かわいいと思わん?

 

描き手は、絵の専門学校を出とっての若手の作家さん。

わざわざ広島から来て、和紙工房のボランティアをやってくれとってん。

 

ほうほう、前に紹介したこの絵を描いてくれとっての人じゃ。

 

DSCF6666.JPG

 

きっと、行列ができると思うけぇ、

描いてもらいたい人は、早うきんさい!

 

待っとるでぇ〜〜〜

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

応援の輪

  • 2016.06.01 Wednesday
  • 16:57

わし、タケちゃん。

いよいよ6月じゃね。

鯉のぼりの季節もおわったし、
和紙工房のボランティアさんらぁが
のんびりしとるかというと、ほうでもないん。

お客さんはあんまし来てんないんじゃけど、
“注文品”いうんがケッコウあるん。

ほうじゃけぇ、相変わらず新商品まで手が回らんようで、
この前もいつものボランティアさん、グチっとった。

そん中で、希望の星!いうたら、
Yさんじゃね。

よう、このブログで大竹和紙工房のボランティアは四人しかおらん・・いうて、
おしゃべりなあん人、言うとるけど、
実は、Yさんが加わって五人になったんと。

広島から来てじゃけぇ、毎週・・いうわけにはいかんのじゃけど、
Yさんは、絵の専門学校を卒業しとっての若手の作家さんじゃけぇ、
和紙工房に来て、いろんな商品をつくってくれてん。

DSCF6668.JPG

DSCF6671.JPG

DSCF6665.JPG

和紙工房のいつものボランティアさんは、
担当する曜日が違うけぇ、
和紙工房でまだYさんに会うたことがないんと。
(キズヨリ体験会では、ちょこっとあいさつしたそうじゃが・・・)

『タケちゃん!和紙工房へ行くたびに新しい商品が増えとって、楽しみなんよ!
 やっぱし、手描きのもんはええね〜』
言うとった。

自分の得意なことで応援したり、
余っとる時間を使うたり・・・。

ほうほう、魚池さんは今日からメキシコで開催される
国際フードフェスティバルで、大竹和紙を使うた料理を披露するそうな。

大竹和紙の応援の輪、少しずつじゃが広がっとるで!

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

※タケちゃんは、大竹和紙工房のマスコットキャラクターです
 

完成!ちびこい350コ

  • 2016.05.01 Sunday
  • 06:09

わし、タケちゃん。

『タケちゃん!やったよ〜〜〜〜』

お客さんのおらん和紙工房にボランティアさんの声が響いたん。

3月はじめからコツコツ作っとった、大口注文の“ちびこい350コ”、
ついに出来たでぇ。

最初はボランティアみんなで手分けして作る予定じゃったん。
じゃが、3月4月いうたら鯉のぼりでいちばん忙しい季節じゃし、
ほかにも注文がいろいろ入ってのぉ。
結局、いつものおしゃべりなボランティアさんが担当することになったん。

DSCF5070.JPG

納品は、連休明け。
こいのぼりをつくるだけじゃのうて、
台紙もシールも裏に入れとるしおりもそれぞれ350コ分。

ボランティアをもう何年もやっとるのに、
あん人、カッターの刃を折るんが苦手なん。
切れんカッターでガシガシ紙を切るもんじゃけぇ、
わし、ヒヤヒヤしたでぇ。

DSCF4128.JPG

『タケちゃん!この間、お客さんに聞かれたんよ。
 ちびこいはどんな風に使うんですかって?』

ちびこいには、キーホルダーみたいにリングがついとる。

たしかに・・・、ほいでボランティアさん、どう答えたん?

『たとえばカレンダーの側に吊るしたりしたら、
 季節感が出て楽しいですよ・・って。』

ちっこい子のおる家はともかく、
鯉のぼりをかざることは大人になるとなくなるけぇの。

『ユラユラ揺れる鯉のぼりが目に入ると、なごむでしょ』

ちびこいは、和紙工房の中じゃヒット作じゃけぇ、
いろんな家でユラユラ揺れとるんかのぉ。

ところで、5月2日の月曜日は
和紙工房は臨時休業させてもらいます。

5月6日金曜日から通常営業。
よろしゅう、お願いします。


外観.JPG

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

ふるさとを想う

  • 2016.04.21 Thursday
  • 10:27

わし、タケちゃん。

『タケちゃん!熊本へのふるさと納税が急増しとるんと。
 一億円を超えたとか・・』

テレビを見よった大竹和紙工房のボランティアさんが
話してくれたん。

被災地の人らぁを見て、何とかできんかと考えとる人、
やっぱし多いんじゃね。

それにしてもええ考えじゃ。

返礼品を辞退したり、
周りの県がふるさと納税の事務を肩代わりしたり・・
みんな知恵を絞っとってのようじゃね。

ちっと話は変わるが・・・。

大竹市も今年から返礼品を送ることにしたんと。
そん中に、帰省できん出身者のために「お墓の掃除や生花のお供え」いうんを
特典に加えたらしいで。

『タケちゃん!この前、中国新聞の読者の広場でも、
 ふるさと納税の主旨に合うとる・・いうて、墓掃除の特典のこと、ほめてあったよ。』
和紙工房のボランティアさん、言うとった。

『この前、千葉県に住む人から、大竹和紙を応援したい!いうて飾りカゴのまとまった注文があったん。
 中四国出身者の集まりがあって、その時に話に出たんと』
その注文は、ふるさと納税とは違うんじゃけど、
ほんまありがたい!

ところで、“大竹和紙工房のもんも返礼品になっとるん?”
いうて、たまに聞かれることがあるん。

和紙工房も用意しとるでぇ〜。
大竹祭りの凧と大竹の風景を描いたハガキのセット!!
あっ、鯉のモビールもあるで。





ふるさとの祭りや花火大会、三倉山の景色を見て、
懐かしゅう思うてくれてじゃとええんじゃがのぉ・・。

大竹市のふるさと納税について
http://www.city.otake.hiroshima.jp/shisei/furusato/1459384253512.html

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM