のべ180人!!

  • 2018.02.25 Sunday
  • 16:22

 

わし、タケちゃん。

 

きのうは、コウゾの皮はぎの最終日じゃった。

 

参加者は、この冬最高の33人。

 

和紙工房のボランティアさんは、

店番があるけぇ、行けんかったんじゃが

世話人さんのひとりが店に寄って、いろいろ写真を見せてくれたで。

 

DSC_0824.JPG

 

あっこれ、防鹿の奥さん方が用意してくれちゃった

大竹の郷土料理「もぶり飯」。

 

きのうは、釜あげが3回あって、昼ごはんの時間もよけぇ取れんかったけぇ、

一人分ずつパックに入れとってくれたんと。

 

心遣いがにくいのぉ。

 

ほれに、焼きガキとカタモトシェフのトン汁。

 

今回もゴーカじゃったんじゃね。

 

DSC_0830.JPG

 

DSC_0826.JPG

 

カタモトシェフは12月の最初の刈り取りから昨日まで、

都合7回、皆勤賞で、大豆うどんやら中華スープやら、

いろいろ作ってくれたそうな。

 

ホンマ、ごくろうさん!!

あったまったでぇ。

 

DSC_0815.JPG

 

もぶり飯を作ってくれた防鹿の皆さんも

ホンマ、ごくろうさんじゃった。

 

皮はぎには、この人らぁのチカラが欠かせん。

ちと早いが来年もよろしゅうお願いします!!

 

DSC_0822.JPG

 

ほいで最後になったが

福山やら呉やら、遠くからも駆けつけてくれちゃったサポーターの皆さん!!

 

きのうは、呉高専の若い衆らがえっと来てくれちゃったそうな。

 

世話人さんが集計したところ、

コウゾの刈り取りの参加者がのべ55人。

皮はぎの参加者が125人。

 

なんと合計で180人さんが参加してくれちゃったんと。

 

おっと、これには、コツコツ平日にそぶりをした人らぁの数は

含まれとらんがの。

 

えっとの人がさぶいなか、冬の作業をしてくれちゃった。

 

みんな、ホンマ、ごくろうさんでした。

ええ大竹和紙、つくるでぇ。

 

DSC_0809.JPG

 

ファイトでぇ!

  • 2018.02.16 Friday
  • 20:56

 

わし、タケちゃん。

 

雪の日じゃった。

 

大竹和紙工房のボランティアさんが

店先で何やらごちゃごちゃやっとると思うたら、

ウィンドウにこんなん飾っとった。

 

DSCF7225.JPG

 

“ファイト!!”いう旗をもっとるでぇ。

 

なんでなんか聞いてみたら、

 

『和紙工房の前を高校生がいっぱい通るでしょ。

 その姿を見てたら、寒いなか大変だね〜って、なんとなく声を掛けとうなったんよ。』

 

ところで、“ファイト!!“いうたら・・・

へへへ、実はわし、これが伝えたかったんじゃが。

 

2月24日(土)の皮はぎじゃが

この日は、3釜するそうな。

 

ファイトでぇ

 

えっ、なんのことかわからん?

 

いつもの皮はぎは、午前と午後に一回ずつ釜あげをするん。

じゃがこの日は、三回を予定しとるんと。

 

9時、11時、13時。

 

皮はぎは、コウゾが温いうちが勝負じゃ。

 

いつもにも増して作業が大変じゃが

この日は、もぶり飯やトン汁のふるまいもあるそうな。

 

いよいよ今シーズン最後の皮はぎ。

 

みんな、ファイトで〜〜〜〜〜〜

 

 

コウゾの皮はぎ

2月24日(土)9時開始 ※開始時間が変更になりました!

 

コウゾは、9時、11時、13時に蒸し上がります 

 

大釜で蒸したコウゾをホカホカのうちに皮をはぎます。

この日は、皮はぎの最終日なので、

大竹の郷土料理「もぶり」(まぜ飯)やトン汁のふるまいがあります!

 

IMG_0913.JPG

 

<集合場所>「大竹手すき和紙の里」(広島県大竹市防鹿3365)

      ☆当日は、少雨・小雪決行。荒天等で中止の場合は、朝7時までに連絡します。

 

<準備>  汚れても良い防寒着でお越しください。タオル、軍手、飲み物をご持参ください。

      

<注意事項>大竹手すき和紙サポーターズは、おおたけ手すき和紙保存会の

      各種活動を支援している個人の集まりの愛称です

      ボランティア保険へ各自で加入されることをおすすめします               

       ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます

 

<申し込み>各作業日の2日前までに、

      氏名・電話番号・希望作業を電話またはメールでお知らせください。

      

      携帯番号/090-5370-2463 (プロジェクト世話人:森本)

      eメールアドレス/otakewashi@sage.ocn.ne.jp  

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(プロジェクト世話人:森本)

 

 

女子力

  • 2018.02.12 Monday
  • 17:14

 

わし、タケちゃん。

 

きのうは、月に一度のいっせい活動デーの日じゃった。

 

おとついもコウゾの皮はぎ作業があったけぇ、

参加者は、七人。

そのうち三人が女の人じゃった。

 

風が強かったけぇ、

全員で、そぶりをすることになったんじゃが

大竹和紙工房のボランティアさんは、あせった。

 

実は、あん人、そぶりをしたことがなかったん。

 

これまでは、皮はぎばっかし手伝いよったけぇ、

そぶりの台にどう座ってええかもわからん。

 

そのテイタラクに比べると、

同じ女の人でも他のふたりのりりしいこと!

(そもそも年齢がうんとチガウがのぉ〜)

 

IMG_0929.JPG

 

この人、かっぽうぎ姿がぶち似合うとってじゃろ。

作家さんなんじゃが、

時々時間を見つけて、和紙の里に通うとってん。

楽しそうに、そぶりをしよっちゃったで。

 

和紙工房のボランティアさんは、ちびっとじゃがそぶりを手伝うて

『タケちゃん!ワタシ、思い込んどったよ。

 そぶりは、オトコの人しか出来ん仕事じゃと・・』

 

たしかに、そぶり包丁で、

薄皮や節みたいなところをズズズ〜と削るんは力がいる。

オトコの人に比べると、削るスピードも遅い。

 

じゃけど、コツコツコツコツ、みんなで時間を持ち寄って、

そぶりを終わらせんことには、次の工程に進めん。

 

女子力もりっぱな戦力になる!!

 

和紙工房のボランティアさんは、

この日、しみじみ思うたんと。

 

『和紙をつくるのは、大変じゃ〜〜〜。

 じゃけど、面白い!!』

 

何ごとも経験せんと、わからんのぉ。

 

IMG_0932.JPG

 

        そぶった、コウゾの皮は外で干します

 

IMG_0930.JPG

 

  乾燥したコウゾ。さらに手を加えた後、束にして保存します

 

コウゾの皮はぎ

2月24日(土)10時開始 

 

大釜で蒸したコウゾをホカホカのうちに皮をはぎます。

この日は、皮はぎの最終日なので、

大竹の郷土料理「もぶり」(まぜ飯)のふるまいがあります!

 

IMG_0913.JPG

 

コウゾのそぶり

2月25日(日)〜3月2日(金) 10時開始

 

皮をはいだコウゾの黒い部分をそぶり包丁で

削って白皮にします。

 

<集合場所>「大竹手すき和紙の里」(広島県大竹市防鹿3365)

      ☆当日は、少雨・小雪決行。荒天等で中止の場合は、朝7時までに連絡します。

 

<準備>  25日以降のそぶりで午後も作業される方は、弁当を持参ください。  

      汚れても良い防寒着でお越しください。タオル、軍手、飲み物をご持参ください。

       ※そぶりは、滑り止めの着いたゴム手袋を持参ください

      

<注意事項>大竹手すき和紙サポーターズは、おおたけ手すき和紙保存会の

      各種活動を支援している個人の集まりの愛称です

      ボランティア保険へ各自で加入されることをおすすめします               

       ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます

 

<申し込み>各作業日の2日前までに、

      氏名・電話番号・希望作業を電話またはメールでお知らせください。

      

      携帯番号/090-5370-2463 (プロジェクト世話人:森本)

      eメールアドレス/otakewashi@sage.ocn.ne.jp  

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(プロジェクト世話人:森本)

 

 

 

 

2月のいっせい活動デー

  • 2018.02.08 Thursday
  • 10:14

 

わし、タケちゃん。

 

今週は、三連休じゃね。

 

10日の土曜日は、「コウゾの皮はぎ」じゃが

11日の日曜日の「いっせい活動デー」のことは、

まだ伝えとらんかった。

 

きのう、世話人さんに聞いたら、

「そぶり」を主にやって、

人手がえっとあったら、コウゾ畑の草取りか

ハガキ体験の指導の仕方を練習するそうな。

 

IMG_0501.JPG

 

これから暖こうなると、

和紙の里やいろんなイベントで、大竹和紙のハガキ体験をするけぇ、

指導ができるスタッフがえっと必要なんと。

 

興味がある人は、和紙の里に来てみんさい。

 

寒いけぇ、防寒はしっかりの〜〜〜〜。

 

大竹手すき和紙サポーターズ

いっせい活動デー

 

活動日/2018年2月11日(日) ※毎月第2日曜日に実施

集合場所/「大竹手すき和紙の里」(大竹市防鹿3365)   

活動時間/午前9時〜11時30分(予定)

      そぶりは、午後からも実施の予定です 

注意事項/◇事前申し込みは、不要です

      ◇飲み物持参。汚れても良い服装でお越しください。

      ◇午後からも活動される方は、弁当を持参ください

      

      大竹手すき和紙サポーターズは、おおたけ手すき和紙保存会の

      各種活動を支援している個人の集まりの愛称です

      ボランティア保険へ各自で加入されることをおすすめします               

       ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます

  

お問い合わせ/090-5370−2463(森本)

 

大竹手すき和紙の里
◆広島県大竹市防鹿3365
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

 

秘密兵器、登場!

  • 2018.02.01 Thursday
  • 09:00

 

わし、タケちゃん。

 

ちっと報告が遅うなったが、先週の日曜日(1月28日)は、

コウゾの皮はぎとそぶりをしたで。

 

参加者は、16人。

 

地元、防鹿の皆さんもそうじゃが

さぶいのにサポーターさんもよう駆けつけてくれてじゃ。

 

えっ、今週のお楽しみ?

 

あちゃ〜

写真を撮るのを和紙工房のボランティアさん、

また忘れとった。

鍋に、もう残り少のうなっとる・・・・

 

IMG_0907.JPG

 

こん日は、具だくさんの味噌汁じゃった。

大島の豆腐やらワカメやらモチやら・・・、

ほうほう卵も入っとった。

 

IMG_0906.JPG

 

えっ、これ?

 

この日は、大竹で牡蠣まつりがあったけぇ、

中本会長さんが、殻つき牡蠣を差し入れてくれちゃった。

 

太っ腹じゃのぉ。

 

ぶち、うまかった!!

 

雨まじりで天候がすぐれんかったが

昼を食べたあとも皆、ようがんばった。

 

ここで、すぐれもんを紹介しようのぉ。

 

IMG_0920.JPG

 

剥いだ皮を何やらゴシゴシやっとる。

 

IMG_0922.JPG 

 

これは、「そぶり」の工程をラクにするために

こん人が考えたもんなん。

 

割った竹を二枚重ねて、その間に皮を通して

コウゾの薄皮を取るん。

 

こうすると、ナンギなそぶりの時間が短縮できるけぇ。

 

よう考えたもんじゃ〜〜〜〜〜

 

次のコウゾの皮はぎは、2月10日の土曜日。

 

えっ、また寒波が来そう?

 

カンベンしてくれんかのぉ。

 

 

大竹手すき和紙サポーターズ

求む応援!冬の作業(2月分)

 

コウゾの皮はぎ

2月10日(土)10時開始

2月24日(土)10時開始 

 

大釜で蒸したコウゾを

ホカホカのうちに皮をはぎます。

 

IMG_0913.JPG

 

コウゾのそぶり

2月11日(日)〜16日(金)    10時開始

2月25日(日)〜3月2日(金) 10時開始

 

皮をはいだコウゾの黒い部分をそぶり包丁で

削って白皮にします。

 

20131217_787867.jpg

 

いっせい活動デー

2月11日(日)  9時集合

活動内容については、決まり次第、お知らせします。

 

 

<集合場所>「大竹手すき和紙の里」(広島県大竹市防鹿3365)

      ☆当日は、少雨・小雪決行。荒天等で中止の場合は、朝7時までに連絡します。

 

<準備>  午後も作業される方は、弁当を持参ください。  

      皮はぎ・そぶり参加者は防寒着で、タオル、軍手、飲み物をご持参ください。

 

<注意事項>大竹手すき和紙サポーターズは、おおたけ手すき和紙保存会の

      各種活動を支援している個人の集まりの愛称です

      ボランティア保険へ各自で加入されることをおすすめします               

       ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます

 

<申し込み>各作業日の2日前までに、

      氏名・電話番号・希望作業を電話またはメールでお知らせください。

      

      携帯番号/090-5370-2463 (プロジェクト世話人:森本)

      eメールアドレス/otakewashi@sage.ocn.ne.jp  

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(プロジェクト世話人:森本)

作業日変更のお知らせ

  • 2018.01.21 Sunday
  • 12:05

 

わし、タケちゃん。

 

きのうのコウゾの皮はぎには、23人の参加があったそうな。

 

ここんとこ、細いコウゾが結構あるけぇ、

皮をはぐにも手間がかかる。

 

えっと集まってくれると、ホンマありがたいでぇ。

 

ところで今日は、作業日変更のお知らせじゃ。

 

次の皮はぎじゃが、

都合で1月27日(土)の作業が、

翌日の1月28日(日)に変更になったん。

 

土曜日に予定してくれとった人には申し訳ないが

よろしゅうお願いします!!

 

ことし最初の「いっせい活動デー」

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 11:58

 

わし、タケちゃん。

 

この14日は、ことし最初の「いっせい活動デー」じゃった。

 

参加は16人。

 

午前と午後、コウゾの刈り取りをしたで。

 

下の畑と違うて、

上の畑は、運搬に車が使えん。

 

ほいじゃけぇ、頼るんは人力。

 

IMG_0892.JPG

 

コウゾの束を抱えて、和紙の里までえっさほいっさ

みんなで運んだ。

 

IMG_0900.JPG

 

和紙の里に着いたら、軽量。

 

IMG_0902.JPG

 

これがこの日刈り取ったぶん。

これで20日の土曜に、二回ほど大釜で蒸す準備が整うた。

 

昼休みには、プチ新年会もしたでぇ。

 

IMG_0890.JPG

 

IMG_0888.JPG

 

江田島名物の「大豆うどん」とバーベキュー。

(すまん、大豆うどんの写真を撮るのを忘れた)

 

大豆うどん。はじめて食べたが、ぶちうまかった!!

 

作業の合間に、

わいわい食べるんは、やっぱりええの〜〜〜

 

IMG_0897.JPG

 

20日は、大寒の入り。

寒さのいちばんキビシイ時期じゃ。

 

じゃが、和紙の里はアツイでぇ。

 

あんたも温まりに来ん?

 

大竹手すき和紙サポーターズ

求む応援!冬の作業(1月分)

 

コウゾの皮はぎ

1月20日(土)10時開始

1月28日(日)10時開始 ※27日(土)から変更になりました

 

大釜で蒸したコウゾを

ホカホカのうちに皮をはぎます。

 

IMG_0863.JPG

 

コウゾのそぶり

1月21日(日)〜26日(金)   10時開始

1月28日(日)〜2月2日(金)10時開始

 

皮をはいだコウゾの黒い部分をそぶり包丁で

削って白皮にします。

 

DSCF5538.JPG

 

<集合場所>「大竹手すき和紙の里」(広島県大竹市防鹿3365)

      ☆当日は、少雨・小雪決行。荒天等で中止の場合は、朝7時までに連絡します。

 

<準備>  午後も作業される方は、弁当を持参ください。  

      ●刈取り参加者は、防寒着、カッパ、長靴、タオル、飲み物、

       軍手またはゴム手袋を持参。

       樹液等がつく場合がありますので汚れても良い服装でお越しください。

       また、せん定ノコやせん定バサミをお持ちの方はご持参ください。

      皮はぎ・そぶり参加者は防寒着で、タオル、軍手、飲み物をご持参ください。

 

<注意事項>大竹手すき和紙サポーターズは、おおたけ手すき和紙保存会の

      各種活動を支援している個人の集まりの愛称です

      ボランティア保険へ各自で加入されることをおすすめします               

       ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます

 

<申し込み>各作業日の2日前までに、

      氏名・電話番号・希望作業を電話またはメールでお知らせください。

      

      携帯番号/090-5370-2463 (プロジェクト世話人:森本)

      eメールアドレス/otakewashi@sage.ocn.ne.jp  

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(プロジェクト世話人:森本)

1月の作業

  • 2018.01.07 Sunday
  • 19:58

 

わし、タケちゃん。

 

大竹和紙工房のボランティアさんは、

ここんとこ、天気予報を気にしとる。

 

『タケちゃん!アメリカが記録的な寒波に襲われたようじゃね。

 広島も水曜日くらいから雪が降るようじゃけど、週末はどうじゃろ』

 

週末・・・・?

 

あっ、14日の日曜日は、「いっせい活動デー」じゃね。

この日は、コウゾの刈り取りをするんじゃろ。

 

『新年最初の集まりじゃけぇ、

 なんか温かいもんが用意できたらと思うとるんよ』

 

えっ、温かいもん? ナニナニ?

 

『まだ、何にするかは決まっとらんの。

 来てのオ・タ・ノ・シ・ミ〜〜〜』

 

 

大竹手すき和紙サポーターズ

求む応援!冬の作業(1月分)

 

コウゾの刈取り

1月14日(日)9時開始

 

刈り取ったコウゾを和紙の里まで運び、

押切で切り揃えるまでの作業を行います。

 

IMG_0834.JPG

 

コウゾの皮はぎ

1月20日(土)10時開始

1月28日(日)10時開始 ※27日(土)から変更になりました

 

大釜で蒸したコウゾを

ホカホカのうちに皮をはぎます。

 

IMG_0863.JPG

 

 

コウゾのそぶり

1月21日(日)〜26日(金)   10時開始

1月28日(日)〜2月2日(金)10時開始

 

皮をはいだコウゾの黒い部分をそぶり包丁で

削って白皮にします。

 

DSCF5538.JPG

 

<集合場所>「大竹手すき和紙の里」(広島県大竹市防鹿3365)

      ☆当日は、少雨・小雪決行。荒天等で中止の場合は、朝7時までに連絡します。

 

<準備>  1月14日以外の回で午後も作業される方は、弁当を持参ください。  

      ●刈取り参加者は、防寒着、カッパ、長靴、タオル、飲み物、

       軍手またはゴム手袋を持参。

       樹液等がつく場合がありますので汚れても良い服装でお越しください。

       また、せん定ノコやせん定バサミをお持ちの方はご持参ください。

      皮はぎ・そぶり参加者は防寒着で、タオル、軍手、飲み物をご持参ください。

 

<注意事項>大竹手すき和紙サポーターズは、おおたけ手すき和紙保存会の

      各種活動を支援している個人の集まりの愛称です

      ボランティア保険へ各自で加入されることをおすすめします               

       ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます

 

<申し込み>各作業日の2日前までに、

      氏名・電話番号・希望作業を電話またはメールでお知らせください。

      

      携帯番号/090-5370-2463 (プロジェクト世話人:森本)

      eメールアドレス/otakewashi@sage.ocn.ne.jp  

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(プロジェクト世話人:森本)

実りのある一年に

  • 2018.01.01 Monday
  • 14:29

 

わし、たけちゃん。

 

明けましておめでとうございます。

 

IMG_0875.JPG

 

2018年じゃね。

 

オリンピックまで3年をきったでぇ。

ほいで、「平成」を使うんは、今年で最後らしいのぉ。

 

あんたぁ、ことしはどんな年にしたい?

 

わしかぁ・・・?

 

ほうじゃね、

おおたけ手すき和紙保存会が30周年をむかえるけぇ、

なんかココロに残るもんをしたいのぉ。

 

大竹和紙工房のボランティアさんは、

保存会の30周年の祝賀会をみんなで盛り上げたい!いうて、

暮れから、世話人さんらぁと寄り合いをはじめたようで。

 

そうそう、秋から和紙づくりの“塾”みたいなもんを

はじめんか・・いう話も出とる。

 

大石さんのでっかい手描きこいのぼりが

空を泳ぐ場所もつくりたいのぉ・・・。

 

人手が足りん、人手が足りん・・いうてばかりの大竹の和紙づくりじゃが

いろんな人のチカラをもろうて、何とか続いとる。

 

『タケちゃん!時たま吹く風のように気軽に訪れ、

 自分の地元ではない地域の応援団になる人たちのことを“風の人”言うらしいよ』

 

和紙工房のボランティアさんがどこぞで聞いてきた。

 

大竹和紙もホント、“風の人”のお世話になっとる。

 

今年もどうぞよろしゅうお願いします。

 

実りのある一年にしましょうで。

 

IMG_0873.JPG

 

良いお年を!

  • 2017.12.31 Sunday
  • 07:03

 

わし、タケちゃん。

 

おおみそかじゃね。

 

なにしとる?

 

大竹和紙工房のボランティアさんは、

まだ掃除をしとるで。

 

今年こそ、おおみそかはゆとりを持って過ごしたい・・・いうて、

12月のはじめに、だれかさん、言うとらんかったかのぉ。

 

『タケちゃん!目標を達成するかどうかじゃなくて、“ココロザシ”が大切なんよ』

 

・・・まったくぅ。(言い訳がうまいんじゃけぇ)

 

尊敬しとる遠山正瑛先生の教え、和紙工房のボランティアさんは

どうも忘れとるようじゃ。

 

やれば何でもできる。

やらなきゃ何もできない。

 

沙漠緑化に生涯をささげた遠山先生は、

教えてくれちゃったんじゃろ。

 

『ほうじゃね、タケちゃん!来年は、実行することにこだわらんとね。

 保存会が30周年をむかえる記念の年じゃし。』

 

ボランティアさん!!そろそろ掃除に戻らんと、

紅白歌合戦、ゆっくり見れんでぇ。

 

あっ、わし、礼を言うんを忘れとった。

 

ぶろぐを見てくれとる皆さん!

今年もありがとうございました。

 

来年もどうぞよろしくお願いします!!

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM