いよいよ、冬の作業

  • 2019.11.16 Saturday
  • 17:58

 

わし、タケちゃん。

 

あっという間に、11月も半ば。

 

今日は、この24日の日曜日からはじまる

冬の作業について知らせるで。

 

冬の作業ちゅ〜うんは主に三種類あって、

コウゾの刈取り⇒皮はぎ⇒そぶりを、

三月ぐらいまでに何度かするん。

 

IMG_0932.JPG

 

刈り取ったコウゾを冬の間に、「白皮」にして保存。

紙を漉くときは、乾燥させた白皮を

その都度、水につけて戻して、和紙の原料にするん。

 

じゃけぇ、保存会が一年で一番忙しいんは、冬場かもしれんのぉ。

とくにそぶりは、毎回、人手が足りんで苦労しとる。

 

寒い時期の屋外での作業じゃ。

芋をふかして、待っとるで〜。

 

 

おおたけ手すき和紙保存会 

冬の作業<協力者募集>

 

◎コウゾの刈取り:作業時間9〜15時(予定)

 

11月24日(日)/防鹿地区

 

IMG_1075.JPG

 

刈り取ったコウゾを切り揃え、和紙の里へ運ぶまでの作業を行います。

 

◎コウゾの皮はぎ:作業時間10〜15時(予定)

 

12月7日(土)、12月21日(土)、1月18日(土)

 

3.png

 

釜で蒸したホカホカのコウゾの皮をはぎます。

 

◎そぶり:作業時間10〜15時(予定)

 

12月7日(土)〜14日(土)、12月21日(土)〜28日(土)

1月18日(土)〜25日(土)

 

IMG_0929.JPG

 

黒皮をそぶり包丁で削る作業を行います。

 

午前中や午後だけの作業の方もご参加ください。

 

<集合場所>「大竹手すき和紙の里」(大竹市防鹿3365)

      ☆当日は、少雨・小雪決行。

       荒天等で作業を延期する場合は、作業の前日の午前8時を目処に

       「おおたけ手すき和紙の里ホームページ」でお知らせします。

 

<準備>  午後も作業される方は、弁当を持参ください。  

      刈取り参加者は、防寒着、カッパ、長靴、タオル、飲み物、

       軍手またはゴム手袋を持参。

       樹液等がつく場合がありますので汚れても良い服装でお越しください。

       また、せん定ノコやせん定バサミをお持ちの方はご持参ください。

      皮はぎ・そぶり参加者は防寒着で、タオル、軍手、飲み物をご持参ください。

 

<注意事項>●おおたけ手すき和紙保存会の会員および準会員の方は、

       「大竹市市民活動保険」の対象となります

      保存会会員および準会員以外の方は、「ボランティア活動保険」へ

       各自で加入されることをおすすめします。ボランティア保険は

       自治体の社会福祉協議会で加入できます

 

<申し込み>事前申し込みはいりません。

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(担当:森本)

            0take.tesukiwashi@gmail.com

 

IMG_0976.jpg

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365

◆電話 090-5370-2463(森本)
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM