いよいよ刈取り

  • 2018.11.01 Thursday
  • 07:21

 

わし、タケちゃん。

 

朝晩は、だいぶ寒うなったのぉ。

 

おっ、今日から11月かぁ。

 

保存会の“冬”の作業じゃが、

ことしは和紙の里のリノベーション工事の関係で

いつもの年より1か月早く始まるで。

 

この4日の日曜日がコウゾの刈取りの一回目じゃ。

 

自然の中じゃけぇ、ストレス解消になるかもしれん。

 

天候もええし、ちっと手伝うちゃろう〜いう人は、

和紙の里に9時に集まりんさい!

 

<刈取りの流れをかんたんに紹介>

 

紙漉きに使うコウゾは、1年ものを使います。

 葉の落ちたコウゾを根元から鎌やノコ、せん定ばさみで切ります

 

IMG_0337.JPG

 

太さごとに分け、束にします

 

IMG_0834.JPG

 

皮はぎがしやすい長さに押切りで切りそろえます

 

IMG_0837.JPG

 

重さを計ります。昨年は、数回の刈取りで合計1.7トンを収穫

 

IMG_0357.JPG

 

冬の作業<11〜12月分>協力者募集!

 

◎コウゾの刈取り

11月4日(日)、12月2日(日)9〜15時(予定)

 

刈り取ったコウゾを切り揃え、和紙の里まで運ぶまでの作業を行います。

 

◎コウゾの皮はぎ・そぶり

11月18日(日)、12月15日(土)10〜15時(予定)

※そぶり作業は、平日も行います

 

大釜で蒸したホカホカのコウゾの皮をはいだり、

黒皮を削るそぶり作業を行います。

 

午前中や午後だけの作業の方もご参加ください。

 

<集合場所>「大竹手すき和紙の里」(大竹市防鹿3365)

      ☆当日は、少雨・小雪決行。

       荒天等で中止の場合は、朝7時までにメールで連絡します。

 

<準備>  午後も作業される方は、弁当を持参ください。  

      刈取り参加者は、防寒着、カッパ、長靴、タオル、飲み物、

       軍手またはゴム手袋を持参。

       樹液等がつく場合がありますので汚れても良い服装でお越しください。

       また、せん定ノコやせん定バサミをお持ちの方はご持参ください。

      皮はぎ・そぶり参加者は防寒着で、タオル、軍手、飲み物をご持参ください。

 

<注意事項>上記作業日の実施にあたっては、「ボランティア行事用保険」に加入しています。

         上記作業日以外でも活動される方は、「ボランティア活動保険」へ

           各自で加入されることをおすすめします 。

           ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます。

         昼食の用意はありません

 

<申し込み>各作業日の2日前までに、

      氏名・電話番号・希望作業を電話またはメールでお知らせください。

      

      携帯番号/090-5370-2463 (プロジェクト世話人:森本)

      eメールアドレス/otakewashi@sage.ocn.ne.jp  

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(プロジェクト世話人:森本)

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365

◆電話 090-5370-2463(森本)
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

IMG_0976.jpg

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM