厳島神社ご奉仕

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 17:52

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_6338.JPG

 

『タケちゃん!おととい、厳島神社の管弦祭のご奉仕(御洲堀)に行ったら、

 防鹿の田中フジノさんいう、すごい人と話ができたんよ』

 

大竹和紙工房のボランティアさんがコーフンしてわしに言うたん。

続きを聞いてみようやぁ。

 

『93歳の田中さんは、今年30回目の御洲堀の参加で、厳島神社から表彰されちゃったん。

 ご奉仕の人らぁから、すごい拍手を受けちゃったんよ』

 

年に一回のご奉仕じゃけぇ、30年じゃぁ。

なかなか出来んでぇ。

 

『田中さんは防鹿の人じゃけぇ、なんか親近感があって、ちょびっと話をさせてもろうたん。

 ほしたらね、タケちゃん!田中さんは、80歳まで紙を漉きよっちゃったんと!』

 

さすがじゃのぉ。

漉き手さんは、からだが強うないとできんけぇの。

 

『タケちゃん!大竹和紙は、二人の女性が漉き手として頑張っとってじゃろ。

 腰痛持ちのワタシから見たら、すごいなぁ・・といつも思うん。』

 

なんせ、紙漉きは重労働じゃけぇ。

 

 

IMG_6339.JPG

       ◎御洲堀には、毎年、小方港から船で行くんと

 

ネリが効かんようになるけぇ、紙漉きは夏場は休みなんじゃが、

作業場の改修が行われるんで、

今年は、盆前まで紙漉きをする予定らしいで。

 

経験したことのない、すさまじい暑さの中の紙漉きは、

ぶち大変じゃ。

 

漉いてくれちゃった紙、和紙工房で大切に使うけぇの!!

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM