水墨画パフォーマンス

  • 2018.06.12 Tuesday
  • 07:10

 

わし、タケちゃん。

 

おおたけ手すき和紙保存会の三十周年祝賀会から

あっという間に三週間たったでぇ。

 

和紙工房のボランティアさんは、会の世話人じゃったけぇ・・・

 

『タケちゃん!昨日、中国新聞で見たん。

 美鈴が丘高校の書道部は、障子六枚を屏風風に組み合わせて大書をしちゃったんと。

 そういう手もあったんじゃね』

 

いまだに言うとる。

 

わしらぁの祝賀会でも、手描き鯉のぼりの杉本海さんに

「水墨画パフォーマンス」をしてもろうたん。

 

_MG_1954.jpg

 

大竹和紙12枚を貼った、横3.6メートル、縦1.8メートルの

でっかいパネルを用意したん。

これ、保存会の会長さんの手づくりじゃったんでぇ。

準備の都合で、パフォーマンスの直前に紙を巻きつけたりせんならんかったんじゃが

係のチームワークが抜群で、無事、パフォーマンスをすることができたん。

 

海さんの画のテーマは、「登竜門」。

作品は、和紙の里へ持って帰っとるけぇ、リノベーションたらがすんだら

また、みんなに見てもろうけぇの。

 

_MG_1959.jpg

 

祝賀会のメインは、

防鹿地区の皆さんへの市からの感謝状贈呈。

長年、地域ぐるみで保存会を支えてくれちゃったけぇの。

 

前の副会長さんが代表して、ステージにあがっちゃった。

海さんの水墨画の前じゃけぇ、いちだんと立派じゃ。

 

_MG_1968.jpg

 

魚池さんの弁当も

ぶち評判がえかったで。

 

_MG_1978.jpg

 

“大竹産”のもんを大事にしとっての料理屋さん。

大竹和紙も日頃からひいきにしてもろうとるん。

 

_MG_1924.jpg

 

_MG_2005.jpg

 

全員が着物姿で、会を盛り上げてくれた

パインコーンズさん。

 

当日は、前の会長の中本さんが体調をくずして

出席できんかったのはぶち残念じゃった。

 

じゃが、みんなのいろんなチカラが集まって、

三十周年のええ記念になったと、わし思うでぇ。

 

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365

◆電話 090-5370-2463(森本)
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM