和紙の鯉のぼり

  • 2018.04.04 Wednesday
  • 17:34

 

わし、タケちゃん。

 

DSCF7287.JPG

 

『タケちゃん!鯉のぼりを飾る風習は、だんだんすたれていくんかねぇ』

 

いつもにも増して、弱気な和紙工房のボランティアさん。

ここんとこ、鯉のぼりのお客さんが少なかったけぇのぉ。

 

じゃけど、きのうは朝から忙しゅうて、

見本の鯉のぼりをしまう暇もなかったで。

 

遠くから来ちゃった人。

ほうほうアメリカに送る・・いう人もおっちゃった。

 

お客さんがたいてい気にしてんは、鯉のぼりの大きさじゃ。

 

いつも天井から1.2mの真鯉を吊り下げとるんじゃが、

やっぱり近くで見んと大きさがようわからん。

 

ほいで、鯉のぼりのお客さんには、

見本の1.5mんと1.2mを見てもろうとるん。

 

たいてい、迷うてじゃ。

 

『息子は、マンション住まいじゃけぇ、あんまし大きいと・・・ね』

 

初節句を祝う親御さん、気をつこうてんじゃね。

 

IMG_0942.JPG

 

手描き鯉のぼりの大石さんのところでは、

「プレゼント包装」も千円ほど別料金がかかるがしてくれてじゃ。

 

カッコええじゃろ。

 

端午の節供まであと1か月。

 

和紙工房のボランティアさんのシンパイを吹き飛ばすほど

お客さんが来てくれちゃったらええんじゃがの。

 

待っとるで〜〜

 

外観.JPG

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM