貴重な体験

  • 2017.04.17 Monday
  • 08:00

 

わし、タケちゃん。

 

大竹和紙工房のボランティアさんは、

昨日あった「手描き鯉のぼりの教室」に初めて参加したでぇ。

 

えっ、何年も鯉のぼりを作っとるのに・・・

て、思うてかもしれんが

これが違うんよ。

 

ボランティアが運営しとる和紙工房の鯉のぼりは、

ちっと練習したら作業ができるよう

半分ぐらいはシルク印刷いうんをしとるん。

 

大石さんの教室のんは、目玉の部分だけ描いてあって、

あとは見本を参考に自分で描くんと。

 

和紙工房のボランティアさんは、図形に弱いけぇ、

最後まで、ウロコの描き方の法則がわからんで

先生にやっかいかけとった(トホホ・・)

 

 

IMG_0545.JPG

 

『タケちゃん!絵付けだけじゃのうて、口輪の入れ方とかも教えてくれるし、

 思うた以上に、本物志向の教室じゃったよ。

 腕に覚えのある人にはぜひオススメじゃねぇ』

 

えっ、腕に覚えのある人じゃないと難しいん?

 

『大石先生とお弟子さんがていねいに指導してくれてじゃけぇ、

 大丈夫なんじゃけど、時間が経つのがすごく早い・・・』

 

・・いうことは、和紙工房のボランティアさん、

あわてまくったぁ・・いうこと?

 

『えへへへ。あっ、タケちゃんも知っとるけど、

 和紙工房のほかのボランティアさんなら器用じゃけぇ、

 大丈夫。あくまで、私の場合・・・』

 

そん中で、すごい人を見つけたそうな。

 

IMG_0541.JPG

 

あっ、これこれ。

 

1.5メートルの鯉のぼりで、金太郎さんまで描くのを選んだんは

この人だけじゃったそうな。

 

『タケちゃん!上手じゃろう!はじめて挑戦したんと。』

 

ほいで、ボランティアさんの作ったんは見せてくれんのん?

 

『ヒミツ!和紙工房の名誉のためにね!』

 

わし、あとでこっそり見ちゃろ!

 

IMG_0532.JPG

 

大竹市総合市民会館のロビーでは

今年も展示会が開かれとる。

 

IMG_0534.JPG

 

去年、大臣表彰を受けた

大石さんの賞状も飾ってあったで。

 

『タケちゃん!今日は、大石先生や杉本さんのすごさがようわかったよ。

 何事も経験じゃね』

 

いろんなことがタメになった一日じゃったようじゃの!!

 

◆手がき鯉のぼり(広島県和紙商会・大石雅子)
 〒739-0615 広島県大竹市元町4丁目5-14
 ☎ 0827-52-2204

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM