みんなで300キロ!

  • 2016.12.11 Sunday
  • 20:37

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_0362.JPG

 

きょう、大竹和紙工房のボランティアさんは

防鹿へ出かけていったで。

 

IMG_0347.JPG

 

うまそうなトン汁!!!

 

あっ、ほうか、ほうか。

トン汁をつくりに行ったんじゃあ・・・・

 

うんにゃ。

今日は、トン汁隊は別におっちゃった。

 

和紙工房のボランティアさんは、

前からやってみたかった、

コウゾの刈取りを手伝うたんと。

 

IMG_0357.JPG

 

『タケちゃん!地元で和紙の原料をつくることの大変さが

 よう、わかったよ!』

 

今日は、300キロほど、コウゾの束をつくったそうな。

 

IMG_0337.JPG

 

まず、せんていばさみとノコを使うて伐る。

 

去年に比べると、ことしは生育が悪うて、

細〜〜〜いコウゾが多いそうな。

 

IMG_0355.JPG

 

伐ったコウゾは、太さごとに選り分けて、紐でしばり、

ほいで、押切りで130僂猟垢気砲修蹐┐襦

 

『タケちゃん!とにかく手間がかかるんよ。』

 

和紙工房のボランティアさんは、

皮はぎには何度か参加しとるが、

その前の工程が、こんなに手がいるとは知らんかったらしい。

 

『ほいでも、今日は11人おったけぇね。

 会長さんらぁは、長い間、少ない人数でやってきちゃったん。

 伝統を継いでいくんは、ホント大変じゃ〜〜〜』

 

株だけになったコウゾの畑を眺めて、

和紙工房のボランティアさん、しみじみ思うたそうな。

 

IMG_0359.JPG

 

今度の土曜は、コウゾはぎ。

 

刈り取ったコウゾの皮をはぐで〜〜〜

 

大竹手すき和紙サポーターズ

冬の作業の協力者募集

 

DSCF3873.JPG

 

コウゾの皮はぎ

12月17日(土)10時〜  13時〜(予定)

 

大釜で蒸したホカホカのコウゾの皮をはぎます。

希望者には、黒皮を削る作業も体験していただけます。

 

<集合場所>「大竹手すき和紙の里」(大竹市防鹿3365)

      ☆当日は、少雨・小雪決行。荒天等で中止の場合は、朝7時までに連絡します。

 

<準備>  午後も作業される方は、弁当を持参ください。  

      ●屋外での作業です。防寒着で、タオル、軍手、飲み物をご持参ください。

       樹液等がつく場合がありますので汚れても良い服装でお越しください。

 

<注意事項>大竹手すき和紙サポーターズは、おおたけ手すき和紙保存会の

      各種活動を支援している個人の集まりの愛称です

      ボランティア保険へ各自で加入されることをおすすめします               

       ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます

 

<申し込み>作業日の2日前までに、

      氏名・電話番号・希望作業を電話またはメールでお知らせください。

      

      携帯番号/090-5370-2463 (プロジェクト世話人:森本)

      eメールアドレス/otakewashi@sage.ocn.ne.jp  

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(プロジェクト世話人:森本) 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM