3Dプリンター×大竹和紙

  • 2015.03.12 Thursday
  • 11:55

わし、タケちゃん。

きょうの中国新聞、見た?

大竹の中山さん、おおきゅう新聞にのったのぉ。

img001.jpg

この中山さんいう人は、1月にあったコウゾの刈取り体験会に
夫婦で参加してくれちゃったん。
新聞にも書いてあったが、ご先祖さんは、手漉き和紙にかかわった人らしい。

和紙工房に、3Dプリンターでこんなの作りました・・いうて、
和紙工房の世話役の丸山さんを訪ねてきちゃったんが
先月じゃったじゃろか。

DSCF5559.JPG

DSCF5526.JPG

あっ、これこれ。
かわいい羊じゃろ。大竹和紙でできとるん。
羊のもこもこした毛の雰囲気がよう出とると思わん?
中は、空洞になっとるん。

DSCF5555.JPG

これが3Dプリンターいうんでつくった羊の型なん。

張り子は、型の上に紙を貼り重ねていくんじゃが
この羊は、鋳物のように内側から和紙を貼ってつくるんと。
じゃけぇ、型の内側の感じがそのまま出とるん。

和紙工房のボランティアさんもそばで中山さんの話を聞いとったんじゃが
あん人、アタマも昭和のままじゃけぇ、
ぼや〜としか言うとってのことがわからんかったらしい。

わからんままじゃ悔しいけぇ、
そのあと、ちょびっとベンキョーしたらしいで。

『タケちゃん。3Dプリンターいうんは、立体物をつくりだす
革命的な装置なんと』

あっ、知っとった?
ほうじゃろ、ほうじゃろ。

中山さんのえらいところは、
この技術に大竹和紙をいかせんかと考えたところじゃ。

ほいで、これじゃ〜と思うたら、
すぐ実行にうつして、3Dプリンターを買うたり、使い方を習いにいったところじゃ。

「最近は、家庭でも使える3Dプリンターが発売されているんです。
 大竹和紙を発展させていくためには、若い人のチカラがいると思う。
 若い人なら、3Dプリンターでのものづくりに興味を持ってくれると思って・・」

ほう、いうちゃったそうで。

この羊が見たい人は、この土日の総合市民会館まつりに来んさい。

保存会の紙すき体験や和紙に絵を描くイベントもあるで〜

総合市民会館まつり

日  時/14日(土) 15日(日) 10時〜17時 ※15日は16時まで
場  所/広島県大竹市立戸1丁目6-1
主  催/総合市民会館まつり実行委員会
和紙関係/紙すき体験 15日 10時〜15時 (事前申込が必要)
         和紙に絵を描こう 15日 10時〜15時 (事前申込が必要)
申込み先/前日までに市民会館へ 申込み順  0827−53−5800




 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM