コツコツ、キズヨリ

  • 2018.06.19 Tuesday
  • 06:43

 

わし、タケちゃん。

 

大きい地震じゃったね。

 

大竹和紙工房のボランティアさんは、

朝からテレビをつけっぱなしにして、

キズヨリをしよったで。

 

親戚が震度6弱の地域に住んどるん。

新しい家じゃけぇ、心配はあんましないが

あわてたじゃろうて。

 

今回のキズヨリは、和紙工房のボランティアさん、

一人でせんならん。

いつもは、家の人との二馬力じゃが

事情があっての。

 

DSCF7340.JPG

 

これが、日曜日と月曜日、

コツコツ12時間かけてやった成果。

 

バケツがいっぱいになるまでには、

まだ6〜7時間は、せんならんじゃろうて。

 

『タケちゃん!うちは、いつもは二馬力じゃけど、

 キズヨリのほかのメンバーは、毎回一人で五キロやっとってんよね。

 ハァ〜〜〜〜〜〜(タメイキ)』

 

一人でやってみて、和紙工房のボランティアさんは、

みんなのがんばりが身に染みたようじゃ。

 

和紙づくりは、“大変じゃね〜”いうて、よく言われるんじゃが

ホンマ、手間がかかるん。

 

大竹和紙にかかわってから、

手漉きの紙は、ちっこい切れ端も捨てられんようになった

ボランティアさんの気持ち。

 

わし、わかるで〜〜〜〜。

キズヨリボランティアに興味のある方は、ご連絡ください。

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365

◆電話 090-5370-2463(森本)
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

2018コウゾ芽かきプロジェクト

  • 2018.06.14 Thursday
  • 07:22

 

わし、タケちゃん。

 

梅雨に入ったんじゃけど、雨が少ないようじゃね。

 

畑のコウゾは、元気にしとるかのぉ。

 

『タケちゃん。今年は、芽かきサポーターの募集はせんのん?』

 

この前、和紙工房のボランティアさんに聞かれたんじゃが

もちろん、するで〜〜〜。

 

ただし、今年は、7月と8月の作業の募集じゃ。

 

例年、6月からサポーターを募集しとるんじゃが

この頃は、まだコウゾもちいそうて、芽かきもあっという間に終わる。

芽かきを体験しようと遠くから来ての人もおってじゃけぇ、

草取りばかりじゃ申し訳ないけぇの。

 

『タケちゃん!7月8月いうたら、コウゾも成長しとるけぇ、作業も大変じゃね』

 

2016.8.7?.JPG

 

この写真は、8月上旬の様子じゃ。

背丈を越すまでに伸びとるコウゾもあるでぇ。

 

『タケちゃん!コウゾを折らんように、枝をかきわけ、かきわけ、

 畑の奥まで行くのがタイヘンなんよね。』

 

和紙工房のボランティアさんの言うとおり、6月のコウゾ畑とは、

びっくりするほど様子が違うん。

 

暑いさなかの作業じゃけぇ、

体調を整えての。

 

今年も待っとるでぇ〜〜〜〜

 

おおたけ手すき和紙保存会

2018コウゾ芽かきプロジェクト<参加者募集

 

<実施予定日> 
●7月1日  (日) 

●7月8日  (日)
●7月22日 (日)

●7月29日 (日)
●8月5 日 (日)

●8月19 日(日)
 

<作業地・作業内容>
大竹市防鹿の小瀬川河川敷3か所のコウゾ畑で
除草と芽かき(わき芽の摘取り)を行います


<作業時間>
午前9時〜11時予定 

<集合時間・場所>
午前9時に 「大竹手すき和紙の里」へ集合 (大竹市防鹿3365) 

※お車でお越しの場合はまず、大竹手すき和紙の里へお越しください。

少雨の場合でも、コウゾを傷める可能性があるため作業は中止する場合があります
天候等で作業を延期する場合は、作業の前日午前8時を目処に

このブログ「タケチャンの手漉き和紙だより」でお知らせしますのでご確認ください


<準備>
炎天下の畑での作業です。熱中症やマダニ、蚊などの対策を万全に!

長袖・長ズボン・長靴・軍手・帽子を着用。できるだけ肌の露出を減らしましょう。
飲み物、タオルをご持参ください。また、携帯用の蚊取り線香やスプレーなど蚊の対策も忘れずに。

除草具をお持ちの方は、ご持参ください。

<注意事項>
上記作業日の実施にあたっては、「ボランティア行事用保険」に加入しています。

上記作業日以外でも活動される方は、「ボランティア活動保険」へ各自で加入されることをおすすめします 。

  ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます。

昼食の用意はありません


<申し込み>
事前予約はいりません。

5人以上のグループでご参加の場合のみ、事前にお知らせください。


<お問い合わせ>
090-4573−2908 (担当:吉田)

otakewashi@sage.ocn.ne.jp 

〒739-0631 大竹市防鹿3365 おおたけ手すき和紙保存会 「芽かきプロジェクト」係

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365

◆電話 090-5370-2463(森本)
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

IMG_0976.jpg

 

 

水墨画パフォーマンス

  • 2018.06.12 Tuesday
  • 07:10

 

わし、タケちゃん。

 

おおたけ手すき和紙保存会の三十周年祝賀会から

あっという間に三週間たったでぇ。

 

和紙工房のボランティアさんは、会の世話人じゃったけぇ・・・

 

『タケちゃん!昨日、中国新聞で見たん。

 美鈴が丘高校の書道部は、障子六枚を屏風風に組み合わせて大書をしちゃったんと。

 そういう手もあったんじゃね』

 

いまだに言うとる。

 

わしらぁの祝賀会でも、手描き鯉のぼりの杉本海さんに

「水墨画パフォーマンス」をしてもろうたん。

 

_MG_1954.jpg

 

大竹和紙12枚を貼った、横3.6メートル、縦1.8メートルの

でっかいパネルを用意したん。

これ、保存会の会長さんの手づくりじゃったんでぇ。

準備の都合で、パフォーマンスの直前に紙を巻きつけたりせんならんかったんじゃが

係のチームワークが抜群で、無事、パフォーマンスをすることができたん。

 

海さんの画のテーマは、「登竜門」。

作品は、和紙の里へ持って帰っとるけぇ、リノベーションたらがすんだら

また、みんなに見てもろうけぇの。

 

_MG_1959.jpg

 

祝賀会のメインは、

防鹿地区の皆さんへの市からの感謝状贈呈。

長年、地域ぐるみで保存会を支えてくれちゃったけぇの。

 

前の副会長さんが代表して、ステージにあがっちゃった。

海さんの水墨画の前じゃけぇ、いちだんと立派じゃ。

 

_MG_1968.jpg

 

魚池さんの弁当も

ぶち評判がえかったで。

 

_MG_1978.jpg

 

“大竹産”のもんを大事にしとっての料理屋さん。

大竹和紙も日頃からひいきにしてもろうとるん。

 

_MG_1924.jpg

 

_MG_2005.jpg

 

全員が着物姿で、会を盛り上げてくれた

パインコーンズさん。

 

当日は、前の会長の中本さんが体調をくずして

出席できんかったのはぶち残念じゃった。

 

じゃが、みんなのいろんなチカラが集まって、

三十周年のええ記念になったと、わし思うでぇ。

 

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365

◆電話 090-5370-2463(森本)
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

マロンの里で、手すき体験

  • 2018.06.01 Friday
  • 18:08

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_1013.JPG

 

六月に入ったのぉ。

 

大竹和紙工房のボランティアさんは、半年かけて準備した

手すき和紙保存会の30周年祝賀会が終わって、

ちっとダレとる。

 

夏風邪をひいてしもうて、

ゴロゴロダラダラしとるでぇ。

 

あさっての日曜日、ひろしま「山の日」県民の集い  いうイベントがあって、

マロンの里で手すき和紙体験があるんじゃが・・・・・。

 

 

木がら細工064.jpg

 

おおたけ手すき和紙保存会でいま一番困っとるんは、

人手不足じゃ。

 

コウゾを育てて、和紙の原料に加工して、それから紙を漉く。

 

それだけでも、えらい手間がかかるんじゃが

保存会にはいろんな依頼がある。

 

イベントで紙漉き体験をしてもらえんかね・・いうんもその一つ。

保存会会員やサポーター有志ががんばって、

広島市まで遠征に行くこともあるんじゃが、

とにかくスタッフが足らん。

 

山の日のイベントのように

毎年、引き受けとるもんを続けるんが精いっぱいじゃ。

 

ほいで、和紙の里で体験を希望する人も増えとる。

去年は、400人以上が紙漉き体験や見学をしちゃったそうな。

おととしの二倍近い数じゃそうで。

 

和紙の里のリノベーションたらが終わると、

ますます来ての人が増えるじゃろうし、

手すき体験を指導してくれる人がほしい〜〜〜〜〜〜〜

(和紙工房のボランティアさんもたまには戦力にならんといけんでぇ)

 

IMG_0495.JPG

 

皆さんへのお願いじゃが

「紙すき体験のインストラクター」になってくれんかのぉ。

 

7月になったら、コウゾの芽かきもはじまるし、

ついでに紙漉きの指導を覚えて帰るのもええかもしれん。

 

このことについては、また、知らせるけぇの。

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365

◆電話 090-5370-2463(森本)
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

IMG_0976.jpg

 

無事、終わったでぇ〜

  • 2018.05.21 Monday
  • 06:43

 

わし、タケちゃん。

 

久しぶりじゃね。

 

えっ、一か月ぶり?

 

和紙工房のボランティアさん、

ゴールデンウィークが明けてからバタバタしとったけぇの。

わしの話し相手になってくれんかったん。

 

『タケちゃん!保存会の祝賀会がきのう終わったけぇ、

 またボチボチぶろぐでいろんなこと報告しようかね』

 

ほうじゃね。

そろそろ芽かきがはじまるし、

広島駅前のエディオン蔦屋家電いうところで、

大竹和紙の製品が今月いっぱい展示されとるし・・・。

いろいろ伝えんといけんことがあるけぇ。

 

IMG_1000.JPG

 

『きのうの祝賀会。盛況じゃったよ。

 この春、中本さんが会長を退任しちゃったけぇ、

 ご苦労さんを盛大にしよう!いうて、はじめた会じゃったん。』

 

ほいで何人くらい集まったん?

 

『73人。保存会やサポーターのほかに、行政の人や地元の企業の人、

 学校の先生方、地域の文化団体の人・・・。

 えっと来てくれちゃったん』

 

祝賀会では、何をしたん?

 

『手描き鯉のぼりの杉本海さんの水墨画パフォーマンスとか、えかったよ』

 

『タケちゃん!展示コーナーもみんな、よう見てくれちゃった。

 呉高専の金唐紙とか、めずらしいもんが並んだけぇ』

 

ほいで、写真は?

 

『いつものことじゃけど、写真を撮る余裕がなかったん。

 じゃけど、きのうはちゃんと撮影係の人がおっちゃったけぇ、

 またここで報告するけぇね』

 

和紙工房のボランティアさん、

いつものように、ムダに走り回っとったんじゃろ。

 

『あっ、タケちゃん。今日はこれから撤収のつづきがあるけぇ』

 

えっ、大谷投手の中継は見んのん?

ごくろうなことじゃのぉ。

 

※タケちゃんは、大竹和紙工房のマスコットキャラクターです。

ふたりの会長さん

  • 2018.04.15 Sunday
  • 08:41

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_0952.JPG

 

コウゾが芽吹いたでぇ。

 

真夏には、3メートル近うなるん。

 

今年も暑いなか、芽かきをせんといけんのぉ。

近々、日程が決まるけぇ、また知らせるで。

 

ところで、中国新聞、見た?

 

 

中本さんと森本さん。

前会長と新会長じゃ。

 

中本さんは、10年ほど会長を務めちゃった。

 

手すき和紙いうんは、とにかく手間がかかる。

和紙づくりを続けていくんは、至難の業じゃ。

 

コウゾも育てんならんし、キズヨリもぶち時間がかかる・・・。

作業場の機械類も高齢化しとる。

 

中本さんもいろいろ悩んじゃったことじゃろうて。

 

ほいじゃけぇ、

それを見とった森本さんが

新会長になってくれちゃったんは、頭が下がる。

 

和紙工房のボランティアさんによると、

保存会を続けられるんは森本さんしかおってんないけぇ、

みんなで拝み倒したらしいで。

 

新会長さんの太っ腹に感謝!じゃ

 

年期がはいっとる和紙の里の乾燥機やなぎなたビーター(撹拌機)は

大竹市が新調したり、修繕することになったらしい。

 

4月から新年度がはじまったおおたけ手すき和紙保存会。

 

今年もやるでぇ。

 

IMG_0976.jpg

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

保存会総会

  • 2018.03.26 Monday
  • 19:46

 

わし、タケちゃん。

 

DSCF7264.JPG

 

きのうは、おおたけ手すき和紙保存会の

年に一度の総会じゃった。

 

最初に「会長あいさつ」があったんじゃが

大竹和紙工房のボランティアさん、胸がいっぱいになったそうで。

 

保存会の名物会長、中本伊勢雄さんが

このたび、会長から退かれることになったからなん。

 

『タケちゃん!大竹和紙の歴史は、およそ四百年といわれるけど、

 そのうちの三十年は、中本会長さんらぁ防鹿地区の人が支えてきちゃったんじゃね』

 

ほうじゃの〜〜〜

 

昔と違うて、手すき和紙を守るんは難儀じゃったろうて。

三十年続けるんは、すごいで〜〜〜

 

あっ、誤解せんとってほしい。

中本さんは、今回会長を退いちゃったが

相談役として、これからも大竹の和紙づくりにかかわってじゃけぇの。

 

 

中本さんにとって、コウゾ畑は、子供みたいなもんじゃけぇ。

それは大切にしとってん。

教えてもらわにゃあいけんことは、まだえっとあるけぇの。

 

 

ほいでほいで、総会の後は、いつもの懇親会じゃった。

 

DSCF7262.JPG

 

和紙工房のボランティアさんは、

この懇親会の雰囲気が好きで、毎年参加させてもろうとる。

 

DSCF7263.JPG

 

防鹿の奥さんらぁがつくった「もぶりめし」は、

今年もぶちうまかった。

 

この四月からは、いよいよ三十周年の年じゃ。

 

保存会の役員さんらぁも変わったが、

手すき和紙の里も“リノベーション”たらをして、

ちときれいになるそうな。

 

どんな年になるんじゃろうか。

 

楽しみじゃのぉ。

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

 

三月の活動いろいろ

  • 2018.03.19 Monday
  • 17:17

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_0945.JPG

 

雨にぬれて、庭のアジサイの緑がぶちキレイじゃった。

 

IMG_0949.JPG

 

ユキヤナギも花をつけはじめたんじゃね。

 

春じゃのぉ。

 

 

おっ、和紙工房のボランティアさんがなんか言うとるでぇ。

 

『タケちゃん!月のはじめにブログを更新したまま、今日まで何しよったん?

 皆さんにお知らせすることがいろいろあるんじゃぁ・・・』

 

ほうじゃ、ほうじゃった。

 

冬の間に皮をはいだコウゾを使うて、

紙漉きがはじまったでぇ。

 

もちいとすると、和紙工房の紙箪笥にも新しい大竹和紙がえっと並ぶじゃろうて。

楽しみに待っとりんさい。

 

11日の「いっせい活動デー」じゃ、コウゾ畑に出たでぇ。

もうすぐ芽吹きの季節じゃ。

いまのうちに下草を抜いちゃらんといけん。

 

17・18日は、「総合市民会館まつり」じゃった。

似顔絵やら、3Dプリンターを使うた大竹和紙やら、灯りやら、

いろんなワークショップをしたでぇ。

 

『ほいでタケちゃん、写真とかないん?』

 

ない。おおざっぱな報告で、すまん!

 

今週末は、おおたけ手すき和紙保存会の年に一度の総会じゃ!

 

設立から三十周年を数える今年。

保存会にもいろいろ変化があるようじゃ。

 

こんときの様子は、また伝えるけぇの。

 

弥生三月

  • 2018.03.01 Thursday
  • 16:11

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_0940.JPG

 

風の強い、三月の幕開けじゃったのぉ。

 

大竹和紙工房のボランティアさんは、

庭のさくらんぼの老木がどうにかなっとらんか心配しとったが

無事じゃった。

 

桜より早いけぇ、

あと半月もすると満開でぇ。

 

今日は、これから、いつもの“意見交換会”が

総合市民会館であるそうな。

 

夜の七時から。

 

平日の夜の集まりじゃけぇ、

参加者は、多いないんじゃが

今夜で54回目らしい。

 

手すき和紙保存会の作業の日程の打ち合わせや

今年は設立三十周年の年じゃけぇ、

記念の催しの相談なんかをしとる。

 

あっ、五月二十日に、『おおたけ手すき和紙保存会 三十周年記念祝賀会』いうんをするそうで。

 

和紙工房のボランティアさんは、その世話人の一人じゃけぇ、

また、ここで詳しい案内があるじゃろうて。

 

ほうほう、今月半ばからは、キズヨリもはじまるでぇ。

 

冬の間、せっせと材料づくりに励んだ紙漉きが、いよいよ再開じゃ!

 

IMG_0930.JPG

 

 

 

のべ180人!!

  • 2018.02.25 Sunday
  • 16:22

 

わし、タケちゃん。

 

きのうは、コウゾの皮はぎの最終日じゃった。

 

参加者は、この冬最高の33人。

 

和紙工房のボランティアさんは、

店番があるけぇ、行けんかったんじゃが

世話人さんのひとりが店に寄って、いろいろ写真を見せてくれたで。

 

DSC_0824.JPG

 

あっこれ、防鹿の奥さん方が用意してくれちゃった

大竹の郷土料理「もぶり飯」。

 

きのうは、釜あげが3回あって、昼ごはんの時間もよけぇ取れんかったけぇ、

一人分ずつパックに入れとってくれたんと。

 

心遣いがにくいのぉ。

 

ほれに、焼きガキとカタモトシェフのトン汁。

 

今回もゴーカじゃったんじゃね。

 

DSC_0830.JPG

 

DSC_0826.JPG

 

カタモトシェフは12月の最初の刈り取りから昨日まで、

都合7回、皆勤賞で、大豆うどんやら中華スープやら、

いろいろ作ってくれたそうな。

 

ホンマ、ごくろうさん!!

あったまったでぇ。

 

DSC_0815.JPG

 

もぶり飯を作ってくれた防鹿の皆さんも

ホンマ、ごくろうさんじゃった。

 

皮はぎには、この人らぁのチカラが欠かせん。

ちと早いが来年もよろしゅうお願いします!!

 

DSC_0822.JPG

 

ほいで最後になったが

福山やら呉やら、遠くからも駆けつけてくれちゃったサポーターの皆さん!!

 

きのうは、呉高専の若い衆らがえっと来てくれちゃったそうな。

 

世話人さんが集計したところ、

コウゾの刈り取りの参加者がのべ55人。

皮はぎの参加者が125人。

 

なんと合計で180人さんが参加してくれちゃったんと。

 

おっと、これには、コツコツ平日にそぶりをした人らぁの数は

含まれとらんがの。

 

えっとの人がさぶいなか、冬の作業をしてくれちゃった。

 

みんな、ホンマ、ごくろうさんでした。

ええ大竹和紙、つくるでぇ。

 

DSC_0809.JPG

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM