学校で栽培

  • 2017.07.28 Friday
  • 06:50

 

わし、タケちゃん。

 

img021.jpg

 

中国新聞のこの記事、見た?

 

おおたけ手すき和紙保存会が

大竹高校の生徒さんにコウゾづくりの指導をした・・いう記事なん。

 

わし、思うんじゃが、

ホント、保存会の人はがんばっとる!!


年間2千枚以上の大竹和紙を漉くだけでも大変なのに、

手すき体験の世話をしたり、イベントに協力したり・・。

 

今回は、大竹高校じゃったが

市内だけでなく、市外の小学校などにも紙漉きの指導に出かけとる。

動ける会員さんの数は、ホンマ、少ないんじゃがのぉ。

 

和紙工房のボランティアさんによると

『なかなかフトコロの深い団体なんよ』とか。

(ちと、上から目線な言い方じゃね)

 

『タケちゃん!学校と連携するいうんは、ええね〜。

 いつか大竹の小学校や中学校に、“紙漉きクラブ”みたいなんが出来んかねぇ』

 

おっ、それはええ考えじゃ。

 

わしも指導(にぎやかし)に行くでぇ。

 

『タケちゃん!大学とかともジョイントできんかねぇ。面白いことができるよ〜〜〜』

 

こういう話になったら、

和紙工房のボランティアさんの話は止まらんようになるけぇ、

今日はここらでストップ!

 

ええことがあったら、また知らせるで!!

 

IMG_0976.jpg

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

 

はじめての「いっせい活動デー」

  • 2017.04.10 Monday
  • 15:08

 

わし、タケちゃん。

 

DSCF7062.JPG

 

きのうは、この春から始めた「いっせい活動デー」の初回じゃった。

 

集まったのは、ぜんぶで12人。

 

ちっと人数は少ないが、

コウゾの根掘りをしたり、草抜きをしたり。

和紙工房のボランティアさんは紙の整理を手伝うたそうな。

 

DSCF7043.JPG

 

これが植え付けのために掘り出したコウゾの根っこ。

 

DSCF7047.JPG

 

この根っこをハサミで切って、こうして活けておくと新芽が出るんと。

市内の学校に植え付ける予定とか。

三年もすると、和紙の原料になるそうで。

 

この日は、ちょうどコウゾの皮を煮る日で

作業も見学できたそうな。

 

DSCF7042.JPG

 

水槽に付けて戻したコウゾ。

白皮というん。

 

DSCF7055.JPG

 

白皮を釜に入れる作業を手伝うたサポーター。

何ごとも経験じゃ。

 

DSCF7063.JPG

 

保存会の若い人が、ときどき、煮具合をチェックしとった。

会長さんもいろいろ指導。

 

DSCF7070.JPG

 

煮上った皮はさました後、

水槽につけて、水を替えながら2〜3日おくんと。

 

はじめて煮る工程を見学した和紙工房のボランティアさんは

 

『タケちゃん!白皮は、煮過ぎても煮足りんでもええ紙にならんのんと。

 紙料づくりは思うた以上にデリケートじゃね!』言うとった。

 

 

毎月第2日曜日の「いっせい活動デー」。

 

大竹和紙のこと、深く理解する日にも役立てられそうじゃね。

 

 

DSCF7074.JPG

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

いっせい活動デー

  • 2017.04.04 Tuesday
  • 06:47

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_0976.jpg

 

大竹市防鹿の手すき和紙の里に

新しい看板がついたでぇ。

 

地元の企業さんのご厚意で

ここと「防鹿トンネル」の手前に案内看板を付けてもろうたんと。

 

はじめて来る人は、

この看板が目印でぇ。

 

あっ、ほいで、

今週末は、「いっせい活動デー」いうんがあるけぇの。

 

月にいっぺん手すき和紙の里に集まって、

草取りや作業場の掃除なんか、

大人数でわ〜〜〜と手伝うたらすむシゴトをみんなでやろういう会なん。

 

毎月第2日曜の午前中ということにしとる。

 

今回がはじめてじゃけぇ、

会員さん、サポーターの人、どんだけ集まってくれてかわからんが

和紙工房のボランティアさんも参加を楽しみにしとる。

 

興味のある人は、一度、顔を出してみんさい。

みんなでわいわいして、

意外に楽しいかもしれんでぇ。

 

おおたけ手すき和紙保存会+サポーター 

いっせい活動デー

 

活動開始/2017年4月9日(日)スタート 毎月第2日曜日に実施

     ※雨天・少雨の場合は中止

集合場所/「大竹手すき和紙の里」(大竹市防鹿3365)   

活動時間/午前9時〜11時30分(予定) 

注意事項/◇事前申し込みは、不要です

      ◇飲み物持参。汚れても良い服装でお越しください。   

     ◇ボランティア保険へ各自で加入されることをおすすめします

      (ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます)

お問い合わせ/090-5370−2463(森本)

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

◆お問合

30年目の総会

  • 2017.03.26 Sunday
  • 21:26

 

わし、タケちゃん。

 

今日は、おおたけ手すき和紙保存会の総会じゃった。

 

保存会は、ことし設立30年を迎えたんと。

 

『タケちゃん!あいさつのいちばん最初に

 会長さんが言うちゃったん、30年のこと。感慨深かそうじゃったよ』

 

30年前・・いうたら、会長さんもまだ40代じゃあ。

若かったんじゃね。

 

総会に出席しちゃったのは、手すき和紙の里のある防鹿地区の人らぁが

ほとんどじゃったんじゃが

ホンマ、地域ぐるみで、大竹和紙をよう守ってきちゃった!

 

『タケちゃん!大竹市民は、防鹿の人に感謝せんといけんねぇ』

 

 和紙工房のボランティアさんは、30年いう数字を思い浮かべながら

 今日は、あらためて思うたらしい。

 

IMG_0512.JPG

 

ところで・・・

 

うまそうじゃろ〜〜

 

この「もぶり」と「トン汁」も総会のために防鹿の奥さんらぁが

朝早うから作っちゃったんと。

 

和紙工房のボランティアさんは、夕食の分まで土産にもろうて帰ったらしい。

 

『防鹿へ行くと、なんかあったかい気持ちになるんよ。』

 

土産までもろうて、のんきなこと言うとったが

いつまでもお客さんじゃいけんでぇ。

 

あんまし、会長さんらぁとトシは変わらんが

ちいとでも役にたたんと・・・。

 

とりあえず、今年から来年にかけて、記念になんかしよう!いうことになっとるらしいけぇ、

和紙工房のボランティアさん、知恵を出しんさい。

 

ほいで、あんたもの!!!

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

キズヨリのお知らせ

  • 2017.03.06 Monday
  • 06:43

 

わし、タケちゃん。

 

昨日、ここで紹介したキズヨリのことじゃがの。

 

今回は、コウゾの白皮、40キロの行き先が

ぜんぶ決まったらしい。

 

いつもは、手すき和紙の里がある防鹿地区の人に

ムリを言うて頼んどるんじゃが

それも今回は、せんでもええらしいで。

 

『みなさん!すみません。保存会の人とよう調整せずに告知してしもうて!』

和紙工房のボランティアさんも反省しとった。

 

毎回、こうじゃと担当の人も楽なんじゃがのぉ。

 

次のキズヨリ作業は、3月最後のあたりらしい。

 

また、手伝う人が足りんかったらここで知らせるけぇ、

よろしゅうお願いします。

 

 

求む!キズヨリサポーター

  • 2017.03.05 Sunday
  • 17:47

 

わし、タケちゃん。

 

『タケちゃん!さっき、今年最初のキズヨリ、届けてもろうたよ』

 

うん?

キズヨリを届けてもろうたぁ???

 

どういうこと?・・と、思うた人もおってかもしれんね。

 

『正確に言うと、キズヨリをするコウゾを届けてもろうた・・じゃね』

 

IMG_0432.JPG

 

これがそのコウゾ。

 

見えるかのぉ、真ん中へんに茶色もんがあるじゃろ。

コウゾの皮なん。

 

キズヨリいう作業は、

煮て漂白したコウゾの白皮から、ゴミやキズを取り除く作業なん。

 

この作業をキッチリやらんと、

きれいな大竹和紙は、できんらしい。

 

この仕事がナンギでのぉ。

写真は、5キロ入っとるバケツなんじゃが

8杯分、40キロを毎回、みんなで分担して作業せんならん。

 

大竹和紙工房のボランティアさんは、

車がないけぇ、毎回、家まで届けてもろうて

この仕事を手伝うとる。

 

だいぶ作業が早うなったが

家の人と二人で、のべ10時間ほどかかるらしいで。

 

去年は、「キズヨリ応援会」いうて、みんなでわ〜〜〜と集まって

作業をする会を何度かしたんじゃが

イベントいうんは、意外に手間がかかるらしい。

 

じゃけぇ、もし手伝うてもええいう人がおっちゃったら、

今年は、手すき和紙の里で作業してもらいたいんと。

 

キズヨリは、夏場をのぞいて年中あるけぇ、

応援はぶちありがたいらしいで。

 

これから気候もようなるし、

時間のある人は、和紙の里へGO!じゃ。

 

◆◆今回のキズヨリ作業について◆◆

キズヨリ応援で和紙の里に行かれる場合は、
おおたけ手すき和紙保存会の森本さんに事前にご連絡ください。 

電話 090-5370-2463 


日にち/3月6日(月)〜14日(火)の間に作業する予定です
※作業人数によってはキズヨリが早く終わり、期間が短くなる場合があります

☆作業可能な日にち、時間等については、森本さんとご相談ください。

☆場所/大竹手すき和紙の里 (広島県大竹市防鹿3365)

☆昼食等が必要な場合は、各自でご用意ください。

 作業場はまだ寒いので、防寒対策も。

なお、ボランティア作業のため、交通費の支給はありません。

大竹手すき和紙の里への交通
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分
◆路線バス「坂上線」の「前淵渡バス停」から徒歩2分
 

うまいもん

  • 2017.02.17 Friday
  • 16:26

 

わし、タケちゃん。

 

img002.jpg

 

よう“二月は逃げる”いうけど、

ホンマじゃね。

 

大竹駅前である『うまいもの市』。

二月の下旬のイベントじゃと思うとったら、

もう来週のことじゃあ〜

 

なになに、「あたたハマチtoレモン」の無料試食がある!

えっ、牡蠣ぞうすいも食べられるん!

 

行かんといけんのぉ。

 

ところで、和紙工房のボランティアさん!

ぶろぐを書くんをあんましサボっとったら、

あっという間に、二月は終わるでぇ〜〜〜

 

明日、防鹿の手すき和紙の里では

「コウゾの皮はぎ」があるんじゃが今年最後の作業らしい。

 

で、小耳にはさんだんじゃけど、

ごくろうさん!の意味も兼ねて、明日、作業を手伝うた人には

うまいもんがふるまわれるそうな。

 

えっ、何?

 

まっ、明日のお楽しみ!

 

わしも行きたいのぉ〜〜〜〜

 

1月最後の作業

  • 2017.01.23 Monday
  • 17:05

 

わし、タケちゃん。

 

この28日の土曜は、この冬、三回目のコウゾの皮はぎじゃ。

 

二週間前は、ぶち寒い日じゃったが

今週はどうかのぉ。

 

DSC_0641.jpg

 

このコウゾの皮はぎ、

午前10時と午後1時に釜からほかほかのコウゾを取り出して

皮をはぐんじゃが

そのためには、えらい早うから準備をせんならん。

 

『タケちゃん!保存会の大谷さんは、夜明け前の5時に和紙の里へ行って、

 薪をくべはじめるんと。大釡の水が沸くまででも二時間かかるそうよ』

 

以前は、会長さんがこの役をしとっちゃったんじゃが

ほうか〜、大谷さん、がんばっとるんじゃのぉ!!

 

DSC_0637.jpg

 

手すき和紙いうんは、とにかく手間がかかる。

 

それを実感するのに、冬の作業はええ機会かもしれんのぉ。

 

和紙のこと、知りたい!と思う人は、

とにかく来てみんさい。

意外にハマるかもしれんでぇ。

 

コウゾの皮はぎ 

1月28日(土) 午前の釜だし 10時〜12時(予定)  午後の釜だし   13時〜15時(予定)

                            ☆少雨・小雪決行

 

大釜で蒸したホカホカのコウゾの皮をはぎます。

希望者には、黒皮を削る作業も体験していただけます。

午前・午後だけでの参加もOKです。

 

<集合場所>「大竹手すき和紙の里」(大竹市防鹿3365)

      

<準備>  午後も作業される方は、弁当を持参ください。  

      ●屋外での作業です。防寒着で、タオル、軍手、飲み物をご持参ください。

       樹液等がつく場合がありますので汚れても良い服装でお越しください。

 

<注意事項>大竹手すき和紙サポーターズは、おおたけ手すき和紙保存会の

      各種活動を支援している個人の集まりの愛称です

      ボランティア保険へ各自で加入されることをおすすめします               

       ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます

 

<申し込み>氏名・電話番号を電話でお知らせください。

      手すき和紙の里で、当日受付もOKです

      

      携帯番号/090-5370-2463 (プロジェクト世話人:森本)

      

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(プロジェクト世話人:森本)

 

市内外へアピール!

  • 2017.01.22 Sunday
  • 11:51

 

わし、タケちゃん。

 

大竹和紙工房のボランティアさんから聞いたんじゃけど、

“ふるさと納税”いうもんの大竹市への寄付が

今年度は、予想よりだいぶ多かったみたいじゃの。

 

中国新聞にのっとったそうで。

 

img001.jpg

 

 

なんでも寄付が一年で200倍以上に増えたとか。

 

まっ、前の年が23万円じゃけぇ、少なすぎたんじゃが

それにしてもすごい!

 

『タケちゃん!大竹市は今年から返礼品に力を入れるようになったんと。

 玖波の牡蠣とか阿多田のいりことか、大竹にもええもんがあるけぇね』

 

ほいで、大竹和紙を使うたもんも返礼品になっとるん?

 

『ハガキとか凧とかモビールとか。ほうほう、レターセットもなっとるよ。

 こいのぼりもホントは返礼品にしたらええんじゃけど、

 ボランティアの今の人数じゃ、生産力に不安があるけぇ・・・』

 

和紙工房の来年度の返礼品選びには、

ちっとカダイがあるようじゃが

ボランティアさん、新聞記事を読んで力が出たそうな。

 

『タケちゃん!ふるさと納税が増えたんは、市長さん以下、市の職員さんが

 県外の同窓会なんかで積極的にPRしちゃったけぇらしいよ。

 ほいで、市民への説明会も何度も行って、市外の親戚の人にも

 アピールしてもらうよう呼びかけたんと。』

 

まちぐるみで、大竹にゆかりのある人に

ふるさと納税を呼びかけたんじゃね。

 

『今、大竹和紙は存続のピンチでしょ!

 機械も老朽化して、だましだまし使っとるような状態じゃし、

 保存会も、長年支えてきちゃった人らぁがかなり高齢になっちゃったけぇね』

 

大竹和紙を絶えさせんためにも

まちぐるみの応援が必要・・いうことじゃね。

 

和紙工房のボランティアさん、

ふるさと納税で発揮された、大竹ゆかりのパワーに

相当期待しとるみたいじゃ。

 

ほいで、わしらぁもがんばるけぇの〜〜〜

 

思いをカタチに

  • 2017.01.03 Tuesday
  • 18:08

 

わし、タケちゃん。

 

去年のはなしでなんじゃが

大竹和紙工房のボランティアさんは、

玖波駅前にできた plus good day いう店に

ランチを食べに行ったんと。

 

大竹手すき和紙保存会の会長さんと

保存会のメンバーのMさんを誘うての。

 

この店、このブログで時々、話に出るパインコーンズさんのあたらしい基地、

98baseにあるん。

築70年の空き家をコツコツ自分らぁで改装して、事務所やカフェにしとってん。

 

IMG_0325.JPG

 

これが自分らぁで手づくりした店の中なんと。

 

『タケちゃん!ランチも美味しかったし、

すごく落ち着く空間じゃったよ』

 

『大竹和紙でつくった飾りもんもカッコえかった!』

 

和紙工房のボランティアさん、ぶち、うらやましがっとった。

 

IMG_0326.JPG

 

IMG_0322.JPG

 

こん人らぁのすごいことは、

自分が大切じゃと思うとることを

ちゃくちゃくとカタチにしとるとこじゃ。

 

『タケちゃん!大竹手すき和紙保存会は、今年で30年目を迎えるでしょ。

 いろいろトライしてみたいこともあるし・・・。

 思うとるだけじゃなくて、それをカタチにしていかんといけんねぇ』

 

和紙工房のボランティアさん、

年のはじめに思うたらしい。

 

身近にパインコーンズさんいう、ええ手本もおってじゃしの。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM