実りのある一年に

  • 2018.01.01 Monday
  • 14:29

 

わし、たけちゃん。

 

明けましておめでとうございます。

 

IMG_0875.JPG

 

2018年じゃね。

 

オリンピックまで3年をきったでぇ。

ほいで、「平成」を使うんは、今年で最後らしいのぉ。

 

あんたぁ、ことしはどんな年にしたい?

 

わしかぁ・・・?

 

ほうじゃね、

おおたけ手すき和紙保存会が30周年をむかえるけぇ、

なんかココロに残るもんをしたいのぉ。

 

大竹和紙工房のボランティアさんは、

保存会の30周年の祝賀会をみんなで盛り上げたい!いうて、

暮れから、世話人さんらぁと寄り合いをはじめたようで。

 

そうそう、秋から和紙づくりの“塾”みたいなもんを

はじめんか・・いう話も出とる。

 

大石さんのでっかい手描きこいのぼりが

空を泳ぐ場所もつくりたいのぉ・・・。

 

人手が足りん、人手が足りん・・いうてばかりの大竹の和紙づくりじゃが

いろんな人のチカラをもろうて、何とか続いとる。

 

『タケちゃん!時たま吹く風のように気軽に訪れ、

 自分の地元ではない地域の応援団になる人たちのことを“風の人”言うらしいよ』

 

和紙工房のボランティアさんがどこぞで聞いてきた。

 

大竹和紙もホント、“風の人”のお世話になっとる。

 

今年もどうぞよろしゅうお願いします。

 

実りのある一年にしましょうで。

 

IMG_0873.JPG

 

ごくろうさん!

  • 2017.12.11 Monday
  • 18:58

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_0863.JPG

 

きのうは、この冬はじめての皮はぎの日じゃった。

 

集まったんは、およそ40人。

 

防鹿地区の会員さん、サポーター、企業のみなさん、

小学校の先生、岩国の子供たちと親御さん・・・。

 

和紙工房のボランティアさんは、

『タケちゃん!おっきいお鍋二つの豚汁がきれいになくなったよ!!』

言うて、喜こんどったで。

 

IMG_0865.JPG

 

ほうほう、会長さんのふかし芋も大好評じゃった!

岩国の子らぁは、芋を洗うんを楽しそうに手伝うてくれたで。

 

コウゾの釜あげは、午前と午後にあったんじゃが

午後からは、ちっと人が少なくなったせいもあって・・・

 

『タケちゃん!細いコウゾが多かったけぇ、やってもやっても終わらんのんよ〜〜』

いうて、和紙工房のボランティアさん、弱音をはいとった。(ホンマ、軟弱なんじゃけぇ)

 

まだ、そぶりの作業が続くんでぇ〜〜〜

 

 

 

 

 

IMG_0859.JPG

 

ところで、今日のそぶり作業は、どうじゃったじゃろうか?

 

この冬いちばんの寒波が襲来とかで、

和紙の里は冷えるけぇのぉ〜〜

 

だれか陣中見舞いに行ってくれんかのぉ。

 

応援?

そりゃ、大歓迎じゃ!

 

 

大竹手すき和紙サポーターズ

コウゾそぶり作業の協力者募集

 

12月12日(火)〜13日(水)9時〜15時(予定)

※ご協力は、半日だけでも結構です。

※集まる人数によって、作業日は変動する場合があります。

 

<場所>「大竹手すき和紙の里」(大竹市防鹿3365)

    

<準備>  午後も作業される方は、弁当を持参ください。  

      

<注意事項>大竹手すき和紙サポーターズは、おおたけ手すき和紙保存会の

      各種活動を支援している個人の集まりの愛称です

      ボランティア保険へ各自で加入されることをおすすめします               

       ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます

 

<申し込み>氏名・電話番号を電話またはメールでお知らせください。

      

      携帯番号/090-5370-2463 (プロジェクト世話人:森本)

      eメールアドレス/otakewashi@sage.ocn.ne.jp  

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(プロジェクト世話人:森本)

 

求む!そぶり作業人

  • 2017.12.08 Friday
  • 15:04

 

わし、タケちゃん。

 

寒さも本式になってきたのぉ。

 

あさって10日の作業じゃが、おかげさんで皮はぎのほうは

だいぶ人数が集まっとる。

 

モンダイなのは、はいだ黒皮を包丁でけずる「そぶり」作業の担い手じゃ。

 

長年、そぶりを担ってきた人が一人、二人と・・・だんだん少のうなって、

新人をみつけんことには、やれんようになっとるんと。

 

20131217_787867.jpg

 

『タケちゃん!きのうの晩あった、いつもの意見交換会でも

 そぶりをどうするか話しおうたんよ。じゃけど、なかなか、ええ案が浮かばんかったん』

 

和紙工房のボランティアさん、言うとった。

 

DSCF5538.JPG

 

今回は、12月10日から13日(水)までを予定しとるんじゃが

日曜はええとして、平日に作業をしてくれる人を探しとる。

 

半日でもええけぇ、手伝うちゃろう!いう人がおったら

よろしゅうお願いします。

 

あっ、女の人でも出来るそうでぇ。

 

大竹手すき和紙サポーターズ

コウゾそぶり作業の協力者募集

 

12月11日(月)〜13日(水)9時〜15時(予定)

※ご協力は、半日だけでも結構です。

※集まる人数によっては、作業が早く終わることもあります。

 

<場所>「大竹手すき和紙の里」(大竹市防鹿3365)

    

<準備>  午後も作業される方は、弁当を持参ください。  

      

<注意事項>大竹手すき和紙サポーターズは、おおたけ手すき和紙保存会の

      各種活動を支援している個人の集まりの愛称です

      ボランティア保険へ各自で加入されることをおすすめします               

       ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます

 

<申し込み>氏名・電話番号を電話またはメールでお知らせください。

      

      携帯番号/090-5370-2463 (プロジェクト世話人:森本)

      eメールアドレス/otakewashi@sage.ocn.ne.jp  

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(プロジェクト世話人:森本)

 

インキュベーションて、なんじゃろ?

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 07:55

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_0851.JPG

 

おとつい話した、呉高専の学生さんらぁの話じゃがの。

 

あっ、これこれ。

金唐紙(きんからかみ)いうんと。

 

スズの箔(はく)を貼った和紙を

版木に打ちつけて模様を出すん。

それに、色をつけたもんなんと。

 

豪華な壁紙で有名な呉の入船山記念館では、

この金唐紙の制作体験を

高校生以上を対象に度々しとってらしい。

 

呉高専の学生さんらぁは、呉の誇りである金唐紙の制作体験を

小学生でもできるようにならんか、考えたそうなん。

 

https://www.kure-nct.ac.jp/newdiary/2017/06/24_3.html

 

『タケちゃん!そういう活動を“インキュベーションワーク”いうらしいよ』

 

大竹和紙工房のボランティアさんは、

刈り取りの時、引率の先生から名刺をもろうたん。

 

じゃけど、名刺におおきゅう書いてある

“インキュベーションワーク”いうコトバの意味が

いまひとつわからんかったらしい。

(あん人、カタカナに弱いけぇ)

 

ほいで、調べたらしいん。

(先生からもしっかり説明してもろうたんじゃがのぉ)

 

『タケちゃん!呉高専では、学科や学年の枠を超えてチームを組み、地域や社会の課題に挑む授業、

 “インキュベーションワーク”に取り組んどってんと。』

 

この前、コウゾの刈り取りに参加した学生さんらぁもそれぞれ学科が違う・・言いよった。

わし、クラブ活動みたいなもんと思うとったが違うんじゃね。

 

IMG_0852.JPG

 

ほいで・・

 

その学生さんらぁは、自分らのワークショップでは

せっかくじゃけぇ、地元の和紙を使おう!いうことになったらしいん。

 

『じゃけぇ、大竹まで何度も和紙を買いに来てくれちゃったんじゃね!』

 

そういうこと!

 

刈り取りの後も熱心に和紙を選んどっちゃった。

 

『ねぇタケちゃん!大竹でも金唐紙のワークショップしてもらえんかねぇ』

 

ほうじゃね。

来年は保存会の30周年じゃし、実現したらええ記念になるがのぉ。

 

 

呉高専のインキュベーションワーク

https://www.kure-nct.ac.jp/incubation/H29_top/

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

IMG_0976.jpg

 

 

300キロ!

  • 2017.12.04 Monday
  • 07:48

 

わし、タケちゃん。

 

きのうは、コウゾの刈取りじゃった。

 

目標は、300キロ。

 

つぎの週、コウゾの皮はぎをするんじゃが、

大釜で蒸す、二回分の量なんと。

 

参加者は、23人。

 

福山市から来てくれちゃった人、

呉高専の学生さんと先生、

いつもの岩国四人衆・・・

 

大勢じゃったけぇ、昼までに目標のほとんどを刈取り出来たそうな。

 

IMG_0841.JPG

 

IMG_0834.JPG

 

IMG_0837.JPG

 

うわぁ〜、押切りでコウゾを切っとる。

 

腰にきそうじゃのぉ。

 

和紙工房のボランティアさんは、

行くには行ったんじゃが腰がいたいとかで

和紙の里でうろうろしとった。

 

IMG_0843.JPG

 

昼は、トン汁が出たでぇ。

 

料理が得意な人がおっちゃって、

ほとんどを家で仕込んできちゃったん。

 

味噌は、別の参加者さんの手づくりじゃった。

 

会長さん、うまそうに食べとるじゃろ。

 

ほとんどの人がどんぶり二杯、よばれたで。

 

昼休憩のあと、和紙工房のボランティアさんは

呉高専の人らぁがつくった「金唐紙」について聞いとった。

 

IMG_0853.JPG

 

その話は、またするけぇの。

 

つぎの日曜は、皮はぎとそぶりじゃ。

日が照っとるとええんじゃがのぉ。

 

大竹手すき和紙サポーターズ

冬の作業の協力者募集

 

コウゾの皮はぎ・そぶり

12月10日(日)10〜15時(予定)

※そぶり作業は12月13日頃まで行います。

 平日に手伝っていただける方、緊急募集!

 

大釜で蒸したホカホカのコウゾの皮をはいだり、

黒皮を削るそぶり作業を行います。

 

コウゾ蒸し.jpg

 

画像 159.jpg

 

DSCF5538.JPG

 

<集合場所>「大竹手すき和紙の里」(大竹市防鹿3365)

      ☆当日は、少雨・小雪決行。荒天等で中止の場合は、朝7時までに連絡します。

 

<準備>  午後も作業される方は、弁当を持参ください。  

      屋外での作業です。防寒着で、タオル、軍手、飲み物をご持参ください。

 

<注意事項>大竹手すき和紙サポーターズは、おおたけ手すき和紙保存会の

      各種活動を支援している個人の集まりの愛称です

      ボランティア保険へ各自で加入されることをおすすめします               

       ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます

 

<申し込み>各作業日の2日前までに、

      氏名・電話番号・希望作業を電話またはメールでお知らせください。

      

      携帯番号/090-5370-2463 (プロジェクト世話人:森本)

      eメールアドレス/otakewashi@sage.ocn.ne.jp  

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(プロジェクト世話人:森本)

 

 

トロロアオイといっせい活動デー

  • 2017.11.10 Friday
  • 07:21

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_0824.JPG

 

『タケちゃん!7月に植えたトロロアオイの根を収穫したよ』

 

和紙工房のボランティアさん、庭に10本ほど植えた・・言うとったよね。

 

『結局、育ったんは7本。

 あんまし環境が良くなかったけぇ、大きくは育たんかったんじゃけどね。

 来年は、もちいと、太くて、まっすぐな根を育てたい・・・・』

 

IMG_0763.JPG

 

ところで、ほかのサポーターさんのトロロアオイは、どうなん?

100本ほど植えたグループもあるそうじゃが・・・。

 

『タケちゃん!この12日のいっせい活動デーで和紙の里に行くと、

 見られると思うよ』

 

みんなでコツコツ育てたトロロアオイが

手すき和紙に欠かせん“ネリ”になるんじゃね。

 

IMG_0793.JPG

 

『ネリがないと、ムラのない均一な和紙は漉けんけぇね』

 

12日の日曜日、わしも手すき和紙の里に行こうかのぉ。

 

おおたけ手すき和紙保存会+サポーター 

今月のいっせい活動デー

 

活動日 /2017年11月12日(日) ※毎月第2日曜日

集合場所/「大竹手すき和紙の里」(大竹市防鹿3365)   

活動時間/午前9時〜11時30分(予定) 

注意事項/◇事前申し込みは、不要です

      ◇飲み物持参。汚れても良い服装でお越しください。   

      ◇ボランティア保険へ各自で加入されることをおすすめします

      (ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます)

お問い合わせ/090-5370−2463(森本)

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

IMG_0976.jpg

 

インストラクターにならん?

  • 2017.11.05 Sunday
  • 19:36

 

わし、タケちゃん。

 

“手が足らん” “手が足らん”いうて、

ここでようグチっとる大竹和紙工房のボランティアさん。

 

人手が足りんのは、

おおたけ手すき和紙保存会も同じで、

最近、困っとるんが、手すき体験を指導するスタッフの不足じゃ。

 

手すき和紙の里では、一週間前までに電話予約してもらうと

ハガキ体験ができる。

 

ほいで、市内外のイベントからも

“手すき体験コーナーを出しませんか”いうて、誘いがようかかる。

 

じゃけど、保存会会員やサポーターは、

コウゾの世話をしたり、和紙をつくるんで精一杯で

なかなか手が回らんのんと。

 

IMG_0495.JPG

 

ほいで、もっと手伝うてくれる人を増やそう!いうことになったそうな。

 

和紙工房のボランティアさんは、

『タケちゃん!カッコよく言うと、手すき体験のインストラクターの養成じゃね』

言うとったで。

 

そげぇに大げさなもんじゃ、ないがの。

 

で、そのインストラクターの養成じゃが

さっそく明日6日からはじめるそうな。

 

IMG_0501.JPG

 

何回か、指導のコツを学んでもらうために

手すき和紙の里に来てもらわんといけんのんと。

 

興味がある人は、とりあえず明日10時ごろに

大竹市防鹿の手すき和紙の里に行ってみんさい。

 

9時からは、今年収穫したコウゾの最後を大釜で煮る作業をはじめとるそうな。

 

こっちも体験してみるとええかもしれんのぉ。

 

手すき体験インストラクターに関するお問い合わせ

 

☎ 090-5370−2463(森本)

 

IMG_0976.jpg

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

10月のいっせい活動デー

  • 2017.10.09 Monday
  • 07:47

 

わし、タケちゃん。

 

きのうは、10月のいっせい活動デーじゃった。

 

参加者は、12人。

ほかに紙漉き体験の家族が2組おっちゃったけぇ、

和紙の里は、にぎやかじゃったで。

 

IMG_0796.JPG

 

主にしたんは、コウゾ畑の下草刈りじゃった。

 

写真は、開墾した新しい畑。

ここは、株の間が広いけぇ、わりかし移動がラクなんじゃが

カミの畑のほうは、密生しとるけぇ、

コウゾの枝を折らんよう動くんがちとタイヘンじゃった。

 

コウゾの刈取りは、冬のはじめ頃。

それまで、もちいと枝が太くなってくれたらええんじゃがのぉ・・。

 

IMG_0793.JPG

 

大竹和紙工房のボランティアさんは、作業場へ行って、

保存会の会長さんが“ネリ”をかき回すんを見とった。

 

トロロアオイの根からつくる、このトロ〜とした液が

和紙づくりの秘密兵器。

 

このネリを混ぜて漉くと、コウゾの繊維が水の中できれいに分散して、

均一な和紙が漉けるそうな。

日本で生まれた知恵じゃそうで。

 

『タケちゃん!保存会のサポーターの中には、

 トロロアオイを育てとる人が多いけぇ、いろいろ話が聞けるんよ!』

 

庭で育てとるトロロアオイは、いつ抜いたらええんじゃろか。

世話人さんに渡す時は、根は洗うたほうがええんか・・・。

 

みんなの話は、

和紙工房のボランティアさんがギモンに思うとったことの

参考になったようで。

 

毎月第二日曜の「いっせい活動デー」は、

情報交換にもええんじゃね。

 

 

大竹和紙工房の盆休み

  • 2017.08.13 Sunday
  • 05:55

 

わし、タケちゃん。

 

ちっと遅うなったが大竹和紙工房の盆休みのお知らせじゃ。

 

11日の祝日から17日まで盆休み。

 

18日から、またよろしゅうお願いします。

 

夏休みの工作がまだの人は、

店に寄ってみんさい。

 

コウゾの皮をはいだ後の木がらが残っとるけぇ、

えっとじゃなけりゃあ、あげるでぇ。

 

コウゾの木がらは、軽うて、加工がしやすいけぇ、

和紙工房じゃあ、行灯とかつくっとるん。

 

DSCF5562.JPG

 

あっ、生のブルベリーを待っとっての人もおるじゃろ。

 

わしもこの前食べたがうまいけぇの。

 

盆が明けたら、待っとるでぇ。

 

 

外観.JPG

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

学校で栽培

  • 2017.07.28 Friday
  • 06:50

 

わし、タケちゃん。

 

img021.jpg

 

中国新聞のこの記事、見た?

 

おおたけ手すき和紙保存会が

大竹高校の生徒さんにコウゾづくりの指導をした・・いう記事なん。

 

わし、思うんじゃが、

ホント、保存会の人はがんばっとる!!


年間2千枚以上の大竹和紙を漉くだけでも大変なのに、

手すき体験の世話をしたり、イベントに協力したり・・。

 

今回は、大竹高校じゃったが

市内だけでなく、市外の小学校などにも紙漉きの指導に出かけとる。

動ける会員さんの数は、ホンマ、少ないんじゃがのぉ。

 

和紙工房のボランティアさんによると

『なかなかフトコロの深い団体なんよ』とか。

(ちと、上から目線な言い方じゃね)

 

『タケちゃん!学校と連携するいうんは、ええね〜。

 いつか大竹の小学校や中学校に、“紙漉きクラブ”みたいなんが出来んかねぇ』

 

おっ、それはええ考えじゃ。

 

わしも指導(にぎやかし)に行くでぇ。

 

『タケちゃん!大学とかともジョイントできんかねぇ。面白いことができるよ〜〜〜』

 

こういう話になったら、

和紙工房のボランティアさんの話は止まらんようになるけぇ、

今日はここらでストップ!

 

ええことがあったら、また知らせるで!!

 

IMG_0976.jpg

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM