新しいパンフレット

  • 2017.04.06 Thursday
  • 07:45

 

わし、タケちゃん。

 

大竹和紙工房に新しいパンフレットが出来たで。

 

これが表紙じゃ。

 

IMG_0514.JPG

 

漫画で大竹和紙ができるまでを紹介しとって、

会長さん、漉き手さん、サポーター、

ほいで地元の子供らぁが登場する・・いう筋なん。

 

えっ、会長さんがぶち若い!

オトコマエすぎる!

 

わしも和紙工房のボランティアさんに、そう言うたら

 

『タケちゃん!あくまでもモデルじゃけぇ・・』

いうとったで。

 

IMG_0516.JPG

 

中身は、こんなふうなん。

「コウゾの栽培」「皮はぎ」「キズヨリ」「紙漉き」「乾燥」を

1ページごと紹介しとる。

 

漫画を描いたのは、

大竹市在住のSクン。

 

なんでも学校で漫画の勉強をして、今は同人誌なんかで

発表しとってらしい。

 

この人と一年がかりで和紙工房が企画・制作したん。

 

あっ、小学生(高学年)にも読んでもらえるよう

フリガナもついとるで。

 

大竹和紙工房で一部50円で販売しとる。

 

見本を工房に置いとるけぇ、

興味がある人は見てみんさい。

 

サイズは、B5版で8ページで。

 

外観.JPG

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

仲良しさん

  • 2017.02.19 Sunday
  • 06:13

 

わし、タケちゃん。

 

DSCF7001.JPG

 

これ、大石雅子さんが近ごろ作りはじめちゃった

90センチの緋鯉。

 

前は、1.2メートルのがいちばん小さかったが

最近は、マンション暮らしの人も多いじゃろ。

初節句の祝いに、

小ぶりのを希望する若い人が増とるらしい。

 

 

カープのスタンプラリーが終わって、

またお客さんがぼちぼちになった和紙工房じゃが

昨日は、にぎやかじゃった。

 

広島市から五人の仲良しさんが訪ねてきちゃったん。

 

年配の女の人らぁなんじゃが

みんな、リュクサックを背負うとってん。

 

なんでも、その人らぁ、

防鹿の手すき和紙の里へ行って、

コウゾの皮はぎを体験してきちゃったそうな。

 

『もう少し、和紙の里におっちゃったら、今日は、芋煮が食べられたんですよ』

いうて、おせっかいにもボランティアさんが言うたら・・・

 

“そんな〜。ちょっと体験させてもろうただけですから。

そういえば、芋を剥きよっちゃったね。”

言うて、笑うちゃった。

 

ほいで、帰りに和紙工房に寄ってくれちゃったワケなん。

 

『タケちゃん!ちょっとした小旅行みたいでみなさん楽しそうじゃったねぇ。』

 

この次は、紙を漉いとるところを見たい!いうて帰っちゃったけぇ、

きっと、和紙工房にもぜひ寄ってくれてじゃろうて。

 

話し好きなボランティアさんがみなさんが来てのぉ、待っとるけぇの。

 

 

外観.JPG

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

 

初仕事

  • 2017.01.08 Sunday
  • 19:45

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_0391.JPG

 

きのう、大竹和紙工房は

今年はじめての営業じゃった。

 

えっ、7日が仕事はじめ?

 

そうなん、たっぷり十日も休ませてもろうたけぇ、

待ってくれとったんじゃろう、

お客さんもゾクゾク。(ちっとオーバーじゃが)

 

「ひろしまレッドパスポート」は今月で終わりじゃけぇ、

遠くから来ちゃった人も多かった。

 

地元の小学生さんは

和紙のことを聞きに来ちゃったで。

冬休みの宿題にするんと。

 

ほうほう、注文もえっと入った。

来週からは、せっせとレターセットをつくらんといけん。

 

いつものボランティアさんは

年末年始、家でゴロゴロしとったけぇ、

昨日一日、ちっとばかし忙しかったんは

新鮮じゃったらしい。

 

『タケちゃん!明日は祝日で和紙工房は休みなんじゃけど、

 遠くからお客さんも来てかもしれんけぇ、店を開けようと思うんよ』

と言うとった。

 

ほんなワケで、明日1月9日、大竹和紙工房は営業します。

 

よろしゅう、お願いします。

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

外観.JPG

 

今年も一年、ありがとうございました。

  • 2016.12.31 Saturday
  • 16:59

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_0369.JPG

 

大竹和紙工房のボランティアさんちは、

きのうが餅つきじゃった。

 

“餅つき”いうても、ネンキのはいった餅つき機で

飾り餅なんかをこしらえるだけじゃがの。

 

今日は、大晦日じゃのに、まだ掃除しとる。

 

紅白歌合戦には、黒田が“出演”するそうで。

どんなカタチで出るんか、楽しみじゃの〜〜〜

 

ほうほう、

今日は、このぶろぐを読んでくれとっての人に

礼を言うんじゃった!

 

わしのぐちが多いんじゃが

なんとか、読んでくれて、ホンマにありがとうございます。

 

このぶろぐも五回目の正月をむかえます。

 

ここんとこ、更新が少ないんじゃが

来年は、えっと報告することがあるような・・・、ないような。

 

どうぞよろしゅう、お願いします。

 

 

 

年末年始の営業

  • 2016.12.26 Monday
  • 17:24

 

わし、タケちゃん。

 

外観.JPG

 

大竹和紙工房は、今日、大掃除じゃった。

 

商店街の抽選会場になっとったけぇ、

店内はガチャガチャ。

 

いつもより念入りに掃除をして、

商品を元の場所に戻したら、

昼が過ぎとった。

 

その最中も、

「ひろしまレッドパスポート」のスタンプを押しに来てのお客さんが

何人もおっちゃって、

ほんと、すんませんでした。

ゆっくり商品を選べんかったんじゃあ・・。

 

ほいで、年内は明日27日の午後4時まで営業しますんで、

よろしゅうお願いします。

 

ほいで、ほいで、新年は、

1月7日の土曜から営業します。

 

えっ、休みが長い!!

 

お客さんには、本当に申し訳ないんじゃが

和紙工房は、ボランティアが店番をしたり、商品をつくったりしとる店じゃけぇ、

毎年、年末年始は、しっかり休ませてもろうとるん。

 

ご理解のほど、お願いします。

 

12月28日(水)〜1月6日(金)までお休みをいただきます。

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

DPP_0004.JPG

 

メリークリスマス

  • 2016.12.24 Saturday
  • 06:56

 

わし、タケちゃん。

 

DSCF6980.JPG

 

クリスマスじゃね。

 

きょう、大竹和紙工房は、

商店街の年末大売り出しの抽選会場になっとるけぇ、

商品の販売はお休みさせてもらいます。

 

あっ、「ひろしま レッドパスポート」のスタンプは押すでぇ〜。

 

抽選会が行われとるけぇ、あれ〜〜〜と思うかもしれんが

中に入って、和紙工房のボランティアさんに言うてください。

 

よろしゅう、お願いします。

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

遠方からお客さん

  • 2016.11.27 Sunday
  • 17:54

 

わし、タケちゃん。

 

大竹和紙工房がお客さんの数を「正」の字で記録しとるのは前にも言うたが

きのうは、えっとお客さんが来ちゃった日じゃった。

 

それも遠くから。

 

“福山から来ました〜”

“安芸高田から来ました〜”

 

ほりゃ、広島でも珍しい手すき和紙の店じゃけぇ、

これまでも北海道やら、鹿児島からやら、旅の途中に来ちゃった人はおる。(エッヘン!)

 

じゃけど今回は、広島県内の遠いとこから来ての人が圧倒的に多い。

 

理由は・・・・・

 

「広島レッドパスポート」じゃね。

 

DSCF6984.JPG

 

10月の終わりからこのスタンプラリーははじまったんじゃが

最初の頃は、地元の人ばかりじゃったん。

 

ほいで1か月たった今ごろは、もう10カ所くらい県内のまちをまわって

スタンプを集めとっての人が多いん。

 

大竹和紙工房のボランティアさんは、

「どこから来ちゃったんですか〜」

「何コぐらいスタンプを集めちゃったんですか〜」

「すごいですね〜」いうて

お客さんに話し掛けとったんじゃが、

 

気づいたん。(ちょっと遅い気がするが・・・)

 

大竹和紙工房が営業しとるんは、

月・火・金・土の四日間だけじゃけぇ、

これ以外の日に、遠くから訪ねてきちゃった人がもうおってんじゃないのかと。

 

大竹和紙工房は少ないボランティアで運営しとる店じゃけぇ、

週四日、店を開けるんがせい一杯なんじゃが

もしムダ足をさせてしもうとったら、

ホンマ、すんません!!

 

レッドパスポートの人に限らず、

大竹和紙工房に来ての時は、

0827-52-3641 へまず電話して、営業を確認してから来てもろうたらええんじゃが・・。

12月23日の祝日とか、年末年始の休みとかもあるしのぉ。

 

みなさん!

よろしゅう、お願いします!

 

外観.JPG

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

 

※タケちゃんは、大竹和紙工房のマスコットキャラクターです。

 

 

正の字

  • 2016.10.29 Saturday
  • 18:13

 

わし、タケちゃん。

 

大竹和紙工房はの、

いまどき珍しいんじゃが「正」の字を書いて

その日のお客さんの数を記録しとる。

 

ここんとこ、ショーの字にならん日もあったんじゃが

今日は、ボランティアさん、朝から帳面をつけるのに忙しそうじゃった。

 

『タケちゃん!やっぱりカープのチカラは絶大じゃねぇ。

 スタンプラリーのお客さんがこんなに来てじゃと思わんかったよ』

 

スタンプラリーとカープがどう関係あるん?

 

そう思うとる人は、「HIROSHIMA RED PASSPORT」のこと、

まだ知らんのぉ!!

(よう宣伝しとるで)

 

http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1026675.html

 

DSCF6919.JPG

 

今日からはじまった期間限定のお楽しみなんじゃが、

広島県内のあらかじめ決められた施設のスタンプを集めると、

カープの沖縄キャンプの見学ツアーが当たったりするん。

 

大竹市でスタンプがある場所は、大竹和紙工房とマロンの里だけじゃけぇ、

朝から熱心な人がえっと来ちゃったいうわけなん。

(ほかに、おおたけ水産GOGO市とコイ・こいフェスティバルの会場でもスタンプを押すそうじゃ)

 

DSCF6916.JPG

 

『タケちゃん!この調子じゃと、えっとお客さんがきてじゃけぇ、

 もっとパスポートにスタンプを押して用意しとかんといけんねぇ』

 

ほう言いながら、ボランティアさんは、

ペッタンペッタン、スタンプを押しよった。

(きれいに押すんは、意外に難しいそうじゃが・・・)

 

『やっぱりこういうのは、若い人に人気のようじゃね。

 県内のいろんなまちを巡って、はるばる大竹にも来ました〜〜〜いう人に

 いずれ会えるじゃろうね』

 

ボランティアさん、楽しみにしとるんはええが

きれいにスタンプが押せるよう

よう練習しとかんといけんでぇ。

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

外観.JPG

 

ドキドキ

  • 2016.10.22 Saturday
  • 07:15

 

わし、タケちゃん。

 

いよいよ今日から日本シリーズじゃね。

 

黒田さんが引退してじゃけぇ、

“やったるで〜〜”いうて、

選手の気持ちは、ぶち高うなっとるようじゃの。

 

黒田さんいうたら、「男気」で有名じゃが

「女気」(そげえな言葉は聞いたことがない???)もあるようで。

 

この水曜日、月に一度の「大竹和紙の意見交換会」いうんがあったんじゃが

夜の7時からの集まりじゃのに

わざわざ広島市から来てくれちゃった若い女の人がおっちゃったん。

 

その日も、刈り取りの予定やら、

こいこいフェスティバルの和紙こいのぼりの段取りやら・・・、

ほうほう、和紙でつくる紙ひこーきの話も出たのぉ、

えっと話が弾んだん。

 

ほいで、その女の人は、結局10時過ぎのJRで帰っちゃったんじゃが

和紙工房のボランティアさんは、

そんな遅うまで大竹和紙のためにいろいろ意見を言うてくれたそん人に

えらい、刺激を受けたようじゃった。

 

『タケちゃん!ワタシ、もちいと頑張らんといけんねぇ』

 

大竹手すき和紙サポーターズ・・いう個人の集まりがあるんじゃが

考えてみると、大竹市以外の人が結構多いん。

 

大竹に、広島や呉から移り住んで来ちゃった若い人も仲間におってじゃしのぉ。

 

和紙には、人を引き寄せる不思議なチカラがあるんかのぉ。

 

ことしもあと二か月余り。

 

冬から春先にかけては、コウゾの刈取り、コウゾ剥ぎ、そぶり・・と

手間のかかる仕事がえっと待っとる。

 

和紙工房のボランティアさん!(いつものあん人のことじゃ)

日本シリーズが終わったら、いそがしゅうなるで!

 

DSCF6829.JPG

 

柿渋あそび

  • 2016.10.18 Tuesday
  • 07:12

 

わし、タケちゃん。

 

大竹和紙工房のボランティアさんには

前からやってみたいことがあったんと。

 

DSCF6881.JPG

 

えっ、これ?

 

かごに和紙を貼るんじゃったら、いつもやっとるじゃろ。

 

えっ、色がついとる!

 

あっ、ほうか、柿渋を使うてみたい・・言うとったのぉ。

 

DSCF6907.JPG

 

ほいで、前のがこうなったん?

 

5回ほど、柿渋を塗り重ねた!

なんか、えらい色になったのぉ。

 

やや、そこのほうがちょびっと、めくれとるでぇ〜

 

そうじゃったんね〜

しっかり糊がついとらんかったけぇ、空気が入ったん・・。

 

いっぺんに3つもかごを作ってしもうたんじゃろ。

どうするん〜

 

DSCF6893.JPG

 

えっ、商品で隠れるけぇ、

ちいっとぐらい、ぶさいくでもええ。

 

そっ、それはそうかもしれんが・・・・。

 

インターネットをたよりに、

和紙工房のボランティアさんがはじめた柿渋あそび。

(まだ一閑張とは、おそれおうて言えんのんと)

 

勉強することはえっとあるが予想以上におもしろいらしい。

 

『タケちゃん!いっぺんに1リットルも買うてしもうたけぇ、

 まだたっぷり柿渋が残っとるん。次はなにに塗ろうかねぇ』

 

柿渋は、あんまし長いこと保存ができんのんと。

 

ボランティアさんの周りのもん、

柿渋だらけにならんよう、気をつけんといけんでぇ。

 

大竹和紙工房


広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM