憧れの金唐紙

  • 2017.10.19 Thursday
  • 08:07

 

わし、タケちゃん。

 

img041.jpg

 

『タケちゃん!あったよ、7日の中国新聞!』

 

和紙工房のボランティアさんは、この新聞記事を見たかったんと。

 

なんでかぁいうと、

先週、呉高専の学生さんがわざわざ大竹まで、

二枚干しを買いに来てくれちゃったん。

 

ほいで、新聞記事のこと、教えてもろうたワケじゃね。

 

記事によると、10月7日と8日、

入船山記念館の開館50年を記念するイベントがあって、

呉高専の学生さんらぁが17の催しを市と一緒に企画したんと。

 

そのイベントの一つに、「金唐紙」いう珍しいもんをつくる

体験会があったんと。

 

ほいで、それが好評じゃったんで

今度は、高専祭でもすることになった・・いう話じゃった。

 

なんで大竹和紙かぁ言うと

金唐紙いうんは、和紙に金属の箔(はく)を貼って作るそうなんじゃが

学生さんらぁは、その和紙に、

大竹和紙を使うてくれちゃったけぇなん。

 

『タケちゃん!呉の入船山記念館では、

 金唐紙の日本でただ一人の国選定保存技術保持者の方を県外から招いて、

 何度か制作体験会をしとってん。11月にもあるそうよ。

 じゃけど、おそらく使用する和紙は、他の産地のもんなんじゃろうね。』

 

大竹和紙は、地元でもあんまし知られとらんのに、

高専の学生さんらぁは、よう使うてくれたのぉ。

 

『あっタケちゃん!その学生さんに、お礼を言うんを忘れとった!!』

 

呉高専のみなさん、ありがとう!!

また、遊びに来んさい!

 

金唐紙(きんからかみ)

http://www.ab.auone-net.jp/~kinkara/site/rekisi.html

 

入船山記念館

http://irifuneyama.com/

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

外観.JPG

 

3Dプリンターとハロウィン

  • 2017.10.16 Monday
  • 07:23

 

わし、タケちゃん。

 

最近、ハロウィンたらが、ぶち人気らしいのぉ。

(わしは昭和の生まれじゃけぇ、よう知らんが・・)

 

『タケちゃん!和紙工房にもハロウィングッズを置いとるんよ。知らんかった?』

 

えっ、ほうなん?

(和紙工房のボランティアさんも

 最近のハロウィン人気は、いま一つピンとこんようじゃが・・)

 

DSCF7148.JPG 

 

えっ、これ? 

オバケみたいなもんもおるでぇ。何するもんなん?

 

DSCF7153.JPG

 

『タケちゃん、これなら、わかるじゃろ!

 カボチャのランタンなん。LEDのロウソクが入っとるんよ。

 3Dプリンターで型をつくって、内側に大竹和紙を貼ったんと。』

 

あっ、大竹手すき和紙サポーターズの中山さんの作品じゃね。

 

『そうそう。中山さんは、3Dプリンターと大竹和紙を組み合わせて、

 いろんなモノづくりに挑戦しよってじゃけぇね。』

 

DSCF6843.JPG

 

これは、前に見せてもろうた、折り鶴のランプじゃね。

 

『透かし模様の和紙を3Dプリンターを活用して漉いたんと。』

 

すっ、すご〜〜〜い!

 

『最近は、いろんなタイプの和紙が出とるし。

 中山さんを見習うて、研究してみようかね!』

 

ほうじゃね。

来年は、手すき和紙保存会が30周年なんじゃろ。

何か新しいことに挑戦するのもええかも。

 

わしも応援するけぇの!

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

まつりのあとに

  • 2017.10.02 Monday
  • 12:02

 

わし、タケちゃん。

 

 

『タケちゃん!わたしら、もちいと頑張らんといけんねぇ』

 

和紙小市を終えて、

帰ってきた和紙工房のボランティアさんの第一声。

 

“ええもん、つくりたい!”いう出展者さんの

パワーがみなぎる会場に一日おって、刺激を受けたようじゃった。

(この気持ちが続くとええんじゃがの〜〜〜)

 

 

和紙工房のボランティアさんが楽しみにしとった

広島市の「やまももや」さんのブースは・・・

 

『タケちゃん!手すき和紙らしい、ステキな品がえっと並んどったよ』

 

IMG_0776.JPG

 

IMG_0779.JPG

 

ホンマじゃ。

和紙工房のボランティアさん、

こんな感じ、好きじゃけぇのぉ!

 

『活版印刷のワークショップも面白いこと、しよっちゃったよ。

 重い機械を会場まで持ち込んで、気合が入っとった!』

 

IMG_0780.JPG

 

あっ、この機械じゃね。

 

IMG_0781.JPG

 

えっ、こんなんができるん。

活版印刷は、和紙と相性がええの〜

 

IMG_0782.JPG

 

おおたけ手すき和紙保存会の人らぁもがんばっとったんと。

 

IMG_0772.JPG

 

紙漉き体験をしちゃったんじゃが

次から次に希望者がおって、チョ〜忙しかったそうな。

 

IMG_0773.JPG

 

今回の和紙小市は、二百円の入場料がいったんじゃが

何と有料の入場者数は、300人を越えたそうな!!

 

子供連れもえっとおっちゃって、

一日中、元気な声であふれとったそうな。

 

パインコーンズさん、西念寺さんをはじめ関係者の皆さん、

お疲れさん!!

 

ほいで、ありがとうございました。

 

大竹和紙工房も

ボチボチがんばるけぇの〜〜〜

 

今日は、和紙小市

  • 2017.10.01 Sunday
  • 06:01

 

わし、タケちゃん。

 

『タケちゃん。ほとんど眠れんかったよ。きょう一日もつかねぇ・・』

 

えっ、和紙工房のボランティアさん、

和紙小市があるけぇ、キンチョ−しとるん?

 

『そういうワケじゃないんだけど、

 寝る前に“睡眠負債”とかいう特集をしよったん。

 それを見よったら、眠れんようになったん』

 

・・・・・・・

 

『和紙小市、お客さん、多いかねぇ。タケちゃん、どう思う?』

 

午前中の人出がとくに多いんじゃないかのぉ。

小方祭りの神輿も出るし。

 

ところで、きょうの和紙小市。

ボランティアさんは、個人的にはなにが楽しみなん?

 

『広島市から染色をやっとっての人が初参加してんと。

 活版印刷も和紙と相性が良さそうじゃね!

 山賊弁当や甘酒、和菓子も楽しみ!』

 

いろいろあるんじゃね。

ボランティアさん!

この前の「懇親バーベキュー」みたいに、写真を写すんを忘れんさんなよっ!

 

『ほうほう。和紙小市の様子は、このブログでも報告せんといけんけぇね』

 

8時過ぎには、会場に入っとらんといけんのんじゃろ?

 

『タケちゃん!もちいと時間があるけぇ、ひと眠りしようかねぇ』

 

いけんいけん、遅刻するでぇ・・・

 

ホンマ、朝からグダグタ。

 

きょうは、天気も◎。

大竹和紙小市、遊びに来てね!

 

大竹和紙小市

◎とき :2017年10月1日(日)

     10時〜16時 雨天決行

◎会場 :西念寺(大竹市小方2丁目10-3)

     ゆめタウン大竹から徒歩5分

◎入場料:200円(大学生以下無料)

◎主催 :PINECoNes LLP   協力 西念寺

 

http://otakewashi.com/

https://www.facebook.com/otakewashi

 

IMG_0758.JPG

コツコツ準備

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 07:02

 

わし、タケちゃん。

 

カープ、やったのぉ〜〜〜〜!!

 

それにしてもまちは、すごい盛りあがりじゃ。

“経済効果”たらが何百億円もあるんと。

 

まっ、和紙工房のボランティアさんも

優勝が決まったけぇ、落ち着いて「和紙小市」の準備ができるじゃろうて。

 

『タケちゃん!少しずつじゃけど、和紙小市の準備もしよるんよ!!』

 

えっ、ほうなん?

 

DSCF7134.JPG

 

あっ、わしじゃあ!!

 

『タケちゃん。これは、ぽち袋。意外にかあいいじゃろ』

 

イガイにとは失礼な!!

 

DSCF7130.JPG

 

『これもポチ袋。けっこう折るんが難しいんよ。』

 

ボランティアさん、自分じゃ折れんもんじゃけぇ、

漉き手のFさんにたのんどったじゃろ。

わし、知っとるでぇ。

 

『へへ、バレたかぁ』

 

柿渋・・いうんを使うたもんも、たしか作っとったじゃろ?

 

DSCF7120.JPG

 

『あっ、これのことじゃね。タケちゃん、売れるかねぇ??』

 

DSCF7124.JPG

 

『こっちは、お札が入る大きさのお年玉袋。封筒としても使えるんよ』

 

カープばっかし見とったと思うが

コツコツ準備もしよったんじゃね、ボランティアさん!!

 

『和紙小市はね、お客さんがどんなもんに興味があるか

 知るええチャンスなんよ』

 

そうかぁ

 

『今年は、和紙をいつもの半分のサイズにカットしたもんや

 名刺サイズ、しおりサイズのもんなども用意しようと思うとるん』

 

手すき和紙を買うてくれる人は、

手づくりするんが好きな人が多いけぇのぉ。

 

和紙小市まで、あと十日余り。

たのしみじゃ〜〜〜

 

大竹和紙小市

◎とき :2017年10月1日(日)

     10時〜16時 雨天決行

◎会場 :西念寺(大竹市小方2丁目10-3)

     ゆめタウン大竹から徒歩5分

◎入場料:200円(大学生以下無料)

◎主催 :PINECoNes LLP   協力 西念寺

 

http://otakewashi.com/

https://www.facebook.com/otakewashi

 

DSCF7108.JPG

うれしい応援

  • 2017.08.30 Wednesday
  • 16:43

 

わし、タケちゃん。

 

“あの〜、和紙工房へ行きたいんですけど・・・”

いう電話がたまにある。

 

そういう時、和紙工房のボランティアさんは、

『スペイン通りのもみじ銀行の真ん前ですよ』

いうて、答えとる。

 

で、そのもみじ銀行さんじゃが

先週から、ロビーでこんな展示をしてくれとってじゃ。

 

DSCF7118.JPG

 

「大竹和紙ができるまで」や

芽かきプロジェクトの様子をパネルで紹介してくれとってん。

 

もみじ銀行さんは、芽かきプロジェクトが始まった頃から

毎年作業に協力してくれとってじゃ。

今年も暑い中、支店長さんらが芽かきをしてくれちゃった。

 

ほいで、大竹手すき和紙サポーターズの人らぁと話をするうちに、

“こりゃ、大竹和紙のこと、もっと市民に知らせんといけん!”

いうて思うてくれちゃったそうな。

 

写真を撮るんを忘れたが

大竹和紙のしおりも手づくりして、

お客さんに配ってくれちゃったんと。

 

『タケちゃん!大竹和紙にさわったことがない人が結構多いので、

 支店長さんのアイデア、良かったね!』

いうて、ボランティアさん喜んどった。

 

このもみじ銀行さんだけでなく四国銀行さんとか、戸田工業さん、

日本製紙さんらぁ・・地元の企業の人にも毎年世話になっとる。

 

今年の芽かきもあと少し。

いろんな人のチカラをもろうて、

畑のコウゾはぐんぐん伸びとるでぇ。

 

今年もええ紙ができそうじゃ!!

 

2017.8.20.JPG

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

わしがいっぱい

  • 2017.08.05 Saturday
  • 22:14

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_0721.JPG

 

いつものおしゃべりなボランティアさんじゃがの。

当番日じゃったけぇ、今朝、店に出たら

“わしのハガキにえっと注文がきとるで〜〜〜”とメモがあったんと。

 

納品は、ちっと先なんじゃが

盆休みがあるじゃろ。

 

落ち着かんけぇ、早うシゴトをすませようと、

ハンコを押したり、ホホを紅う塗ったり、

和紙工房のボランティアさん、さっそく手を動かしとったで。

 

DSCF6831.JPG

 

それにしてもわしのハガキ、どんな人の手に渡るんじゃろか。

 

このまえお客さんが

“あの〜〜〜、いたしいのぉって、どんな意味なんですか?”

て聞いちゃったん。

 

広島カープがぶち強いけぇ、

広島弁はけっこう知られとるんじゃが

県外の人で“いたしい”がわかるんは、かなり広島通かもしれん。

 

あっ、そろそろ、ほかの広島弁が入ったハガキもつくりんさい!!って。

 

ほ、ほうじゃね。

 

「最高で〜〜〜す」はどうじゃろか?

 

あっ、これ広島弁じゃなかった・・・・

 

なにがええかのぉ。

 

外観.JPG

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

あっという間に土曜夜市

  • 2017.07.10 Monday
  • 07:33

 

わし、タケちゃん。

 

『タケちゃん!ことしの土曜夜市、とくに楽しみじゃねぇ』

 

和紙工房のボランティアさんは、去年はシゴトで不参加じゃったけぇ、

その気持ちはわかるんじゃが、

何かあたらしいことがあるん?

 

img020.jpg

 

『大竹手すき和紙サポーターズの人が屋台を出すんと』

 

えっ、土曜夜市で和紙を売るん?

 

『ううん。かき氷とか、もみじまんじゅう揚げを売るらしいよ』

 

もみじまんじゅう揚げ・・・?

あっ、あれじゃね。わし、宮島で食べたことが・・・。

 

『和紙工房の店内では、サポーターさんのひとりが

 3Dプリンターと大竹和紙をつかった折鶴グッズのワークショップをするんと』

 

へぇ〜〜〜、おもしろそうじゃね。

ほいで、3Dプリンターいうて、なに?

 

『も〜〜、タケちゃんいうたら!ワークショップの時に、よう教えてもらいんさいっ!』

 

ほいでほいで、和紙工房は毎年、三角くじをやっとるけど、今年もするん?

 

『今年、どんなことをするかはまだ計画中なんよ。

 去年は、由木りびさんの似顔絵書きも大人気じゃったんと』

 

土曜夜市まであと3週間。

 

あっという間にその日はくるで。

 

 

トロロアオイを植える

  • 2017.07.09 Sunday
  • 19:25

 

わし、タケちゃん。

 

ちっと前、和紙工房のボランティアさんは、

手すき和紙の里でトロロアオイの苗をえっと見たそうな。

 

IMG_0657.JPG

 

おっ、これこれ。

手すき和紙保存会の人らぁが育てちゃったんと。

 

この苗は、今日予定しとった芽かきで

希望者に配る腹づもりじゃったらしい。

 

じゃが、今日は作業が中止になったけぇ、

残ってしもうたんと。

 

和紙工房で配る案も出たんじゃが

この時期、お客さん自体少ないけぇ、

“よし、育てちゃろう!”いうキトクな人にいきあたる可能性は

ゼロに等しい。

 

ほいで、和紙工房のボランティアさんが

10ポットほど持ち帰ることになったんと。

 

『“ネリ”になるような、ええ根が収穫できるかは自信がないけど、

 ナニゴトも経験せんとね・・・』

 

さて、ボランティアさんちのトロロアオイは、

夏を越せるじゃろうか?

 

ときどき、わしも見に行って、報告するけぇの。

 

ちなみにトロロアオイの苗は、ほかにも

サポーターの人がえっと育てとって、

これから学校とか、だれそれさんの畑とか、

いろんな場所に養子に行くらしい。

 

昨年ぐらいからぐっと広まったトロロアオイ育ての輪。

 

11月の収穫が楽しみじゃ。

 

台風一過

  • 2017.07.04 Tuesday
  • 15:52

 

わし、タケちゃん。

 

IMG_0676.JPG

 

これは、3時過ぎの写真じゃ。

 

和紙工房のボランティアさん、

この空を見上げて、タメイキをついとった。

 

『タケちゃん!大雨警報が出とったけぇ、

 和紙工房を臨時休業させてもろうたんじゃけど、大ハズレじゃったね』

 

ホンマ、ホンマ。

 

もし和紙工房を訪ねた人がおっちゃったら、

ホンマ、すいません。

 

“台風一過”いう言葉があるそうじゃが

それにしても変わるもんじゃね、天気。

 

和紙工房のボランティアさんの気象オンチぶりが

あらためてわかった本日。

 

これから台風シーズンじゃろ。

 

店を開けるか、閉めるか。

悩ましい日が何度かありそうじゃが

きょうの経験をいかさんとのぉ。

 

IMG_0680.JPG

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM