アートなひろしま鯉のぼり

  • 2019.04.27 Saturday
  • 18:10

 

わし、タケちゃん。

 

きのうの新聞、見た?

 

和紙工房の二階で鯉のぼりをつくっとっての

杉本海さんの記事が中国新聞に

おおきゅうのっとったのぉ。

 

ひろしま鯉のぼり

https://hiroshimakoinobori.amebaownd.com/

 

 

img003.jpg

 

技法は、大石雅子さんから受け継いどってんじゃけど、

墨画イラストレーターの杉本海さんらしい

アートな鯉のぼりを作っとってじゃ。

 

『タケちゃん!アートな鯉のぼりって、どんなん?』

 

そうか、和紙工房のボランティアさん、まだ見たことがないんじゃね。

和紙の里の開所式の時の写真があるけぇ。見んさい!

 

IMG_1189.JPG

 

IMG_1194.JPG

 

『わ〜、華やかじゃね!』

 

ゴールデンウィークの後半くらいから、展示が再開されるそうな。

 

『ぜったい実物、見に行くよ!』

 

ゴールデンウィークは、3日・4日と

ミニ鯉のぼりづくりのワークショップもあるし、

いろいろ楽しみじゃのぉ。

 

おおたけ手すき和紙の里 ゴールデンウィークの開場予定

4月28日(日)  10時〜15時 

4月30日(火)  5月2日(木) 10時〜正午 

5月3日(祝)・4日(祝)・5日(祝) 10時〜15時

※開場日は、変更になる場合があります 

 

大竹和紙工房からのお知らせ

 

和紙工房は、明日28日から5月6日(祝)までお休みさせていただきます。

よろしくお願いします。

 

広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

手描き鯉のぼりの販売について

  • 2019.03.06 Wednesday
  • 07:30

 

わし、タケちゃん。

 

和紙工房のボランティアさんが

昨日、店を閉めて帰ろうと思うたら、

東京から電話があったんと。

 

用件は、“そちらに、手描き鯉のぼりがありませんか?”

 

去年、引退しちゃった大石さんのところへ電話したら、

“和紙工房に在庫がまだあるかもしれません”いうて、

教えてくれちゃったそうな。

 

実は、大石さんの鯉のぼりは、ほんのわずかじゃけど

和紙工房にまだ在庫があるん。

 

東京の人が注文しちゃったんは、

1.5メートルの真鯉の最後の一匹じゃった。

 

<大竹和紙工房からのお知らせ>

 

大石雅子さん作の手描き鯉のぼりの在庫は、

以下の種類が若干ございます。

 

真鯉(金太郎図入り)・・・1.2mのみ

緋鯉・・・1.5m、1.2m、90

 

ご来店の折は、和紙工房にまずお電話(☎0827-52-3641)いただき、

在庫をご確認いただければと思います。

なお、営業日は、月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く

 

<ひろしま鯉のぼりのご案内>

 

大竹の手すき和紙を使った手描きこいのぼりは、今シーズンから

大石さんの技法を学んだ杉本海さんが

<ひろしま鯉のぼり>というブランドを立ち上げ、制作されています。

 

詳しくは、082-292-7768(杉本)へご連絡いただくか

 

<ひろしま鯉のぼり>https://hiroshimakoinobori.amebaownd.com/

ご覧ください。

 

なお、杉本さんの作品の販売は、大竹和紙工房では行っておりません。

 

いよいよ鯉のぼりのシーズン。

和紙工房もいそがしゅうなるのぉ。

 

大竹和紙工房

 

広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

年末年始のお休み

  • 2018.12.25 Tuesday
  • 21:35

 

わし、タケちゃん。

 

 

今日は、大竹和紙工房の今年最後の営業日じゃった。

 

26日(水)と27日(木)は、

もともと店休日じゃけぇ、

 

1月6日(日)まで

年末年始の休みをもらうでぇ。

 

世のなか的には、ちと休みになるのが早いが

4人のボランティアさんで

この一年、がんばって店を開けてきたけぇ、

ご理解ください!

 

これから、すごい寒波が来るそうでぇ。

ぬくうして、過ごしんさい。

 

 

外観.JPG

 

大竹和紙工房

 

広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

大竹和紙 お徳市

  • 2018.10.30 Tuesday
  • 07:08

 

わし、タケちゃん。

 

いま、大竹和紙工房で「大竹和紙 お徳市」いうんをやっとるで。

 

木がら細工077.jpg

 

ボランティアさんが考えたうたい文句が

“最初で最後のお徳市“じゃけぇ、

あっ、大竹和紙、とうとうなくなるんですかぁ・・いう人がおっちゃった。

 

いんや、その反対じゃ。

 

来年春、大竹和紙を漉いとる「大竹手すき和紙の里」が

リニューアルするのは話したと思うが、

工事の前に、在庫品を整理することになったん。

 

ほしたら、何年もかけてたまった“訳あり品”がえっとあったけぇ、

この機会に安う提供しよう!いうことになったんと。

 

DSCF7386.JPG

 

値段は、通常の半分くらいかの。

さらにお徳なもんもあるで。

 

大々的に言うんじゃなくて、静かにやっとるけぇ、

和紙工房に来たら、スタッフに問うてください。

 

無くなり次第、終了じゃけぇの。

 

待っとるで!

 

 

外観.JPG

 

大竹和紙工房

営業日は、月・火・金・土 ※祝日のぞく

11月3日の文化の日は、お休みです
 

広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

明日から、おおたけ特産品フェア

  • 2018.10.03 Wednesday
  • 06:15

 

わし、タケちゃん。

 

“ひろしま夢ぷらざ”いうて、知っとる?

 

広島県内のうまいもんやええもんが

ずら〜〜り並んどる、夢のような店なん。

 

そこで、明日から16日まで

「おおたけ特産品フェア」があるで。

 

少し前までは、和紙工房のボランティアさんが

広島市まで行って、店に商品を並べとったんじゃが

事情があって、しばらく休んどった。

 

今年も不参加の予定じゃったんじゃが

“やっぱし、大竹の特産品いうたら手すき和紙がないと・・”

いうありがたい声があるとかで、

商品だけ、きのう運ばれていったで。

 

『お世話になります!来年こそは、自力で出店できるよう頑張ります』

いうて、和紙工房のボランティアさん、キョーシュクしとった。

 

じゃけぇ、例年に比べて、商品は少ないんじゃが

おすすめは、やっぱし、これじゃ!

 

IMG_1040.JPG

 

赤鯉!

 

これからカープのショウネンバじゃけぇ

 

球場に行けんでも、ユニフォームを着て、

部屋に赤鯉を飾って応援するとチカラがでる!いうて、

和紙工房のボランティアさん、前にお客さんにすすめとった。

 

IMG_1045.JPG

 

「ちびこい」もおおたけフェアで買えるでぇ。

 

和紙工房じゃあ、こんな風にカレンダーに吊るしとる。

 

『タケちゃん!このちびこいを、

 誰かCSや日本シリーズのマツダスタジアムに連れてってくれんかねぇ』

 

和紙工房のボランティアさんは、

こげえな野望をちびこいにたくしとるようじゃ。

 

おおたけ特産品フェア。

本通りに行ったら、寄ってみんさい。

えっと、ええもんがあるでぇ。

 

 

 

外観.JPG

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

お盆休み

  • 2018.08.09 Thursday
  • 15:48

 

わし、タケちゃん。

 

 

お知らせで!

 

大竹和紙工房はあさってから盆休みに入るけぇ、

用事がある人は、明日10日にご来店をお願いします。

 

大竹和紙工房 盆休み

8月11日(祝)〜8月19日(日)

 

ちっと長いんじゃけど、
よろしゅうお願いします。

 

 

 

 

外観.JPG

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

心強いのぉ

  • 2018.08.01 Wednesday
  • 12:13

 

わし、タケちゃん。

 

ちっと前のことじゃが

小方学園の先生から、和紙工房のボランティアさん、電話をもろうたそうな。

 

「夏休みに、四年生と保護者の方が何組か和紙工房におじゃましたいと言っています。

   カンタンな質問をさせていただきたいのでよろしくお願いします」

 

この電話をもろうてから、和紙工房のボランティアさん、ちと、はりきっとった。

なにせ、小方学園は、ボランティアさんの母校じゃけぇ。

 

ほいで、きのう、三人のオトコの子らぁと保護者の人が来ちゃたん。

 

「和紙工房は、いつできたんですか?」 

「ここで、いちばん新しい商品はどれですか?」

「大竹和紙は、強いですか?」

 

ボランティアさん、汗かきかき、質問に答えとったで。

 

 

小方学園は、三年生から四年生にかけて、大竹和紙について学んどって、

実際にコウゾやトロロアオイを育てたり、

自分らぁでいろいろ調べることを大事にしとってらしい。

 

和紙工房のボランティアさんは、ちっと夏バテ気味じゃったが

 

『タケちゃん!地元の子供たちが

 大竹和紙に興味を持ってくれとると思うと心強いよねぇ。

 ほいで、保護者の人ともいろいろ話ができたし・・・』

 

と、元気が出たらしい。

 

来週には、別のグループが来てのようじゃ。

今度はどんな質問があるんかのぉ。

ちっとドキドキするのぉ。

 

 

 

外観.JPG

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

 

台風前夜、土曜夜市

  • 2018.07.29 Sunday
  • 07:13

 

わし、タケちゃん。

 

きのうは、年に一度の土曜夜市の日じゃった。

 

台風が来るけぇ、天候が心配されたんじゃが

ひと粒の雨も降らんかったで。

 

ほいじゃけぇ、和紙工房の前の通りには、えっと、人が出たでぇ。

 

ほいで、店の前じゃあ、この前の大雨の募金もしとった。

 

DSCF7367.JPG

 

和紙工房は、今年も大竹和紙を使うた「似顔絵」をやったん。

 

DSCF7361.JPG

 

DSCF7362.JPG

 

DSCF7364.JPG

 

去年は、おんなの先生じゃったが

今年は、おじいちゃん先生じゃった。

 

描いてもろうたんは、子供が多かったんじゃが

新谷先生は、いろいろ話しかけながら、描いてん。

 

描いとるうちに、だんだん子供も打ちとけてくるけぇ、

これがええ顔をするんよ。

 

次から次へと似顔絵の希望者がおって、

先生、たいへんじゃったで。

 

和紙工房のボランティアさんは、

『和紙の似顔絵は、なんか温かみがあるんよね。あらためて、ええな〜〜と思うた』

そうな。

 

兄弟同士やパパさんと一緒に描いてもろうた人らぁもおった。

ええ記念になったのぉ。

 

 

いま。日曜日の朝7時過ぎ。広島は、じきに暴風雨に入るらしい。

おおごとにならんかったらええんじゃがのぉ。

 

 

外観.JPG

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

 

 

緋鯉で応援

  • 2018.04.25 Wednesday
  • 17:50

 

わし、タケちゃん。

 

あっという間に四月も残り少のうなったのぉ。

 

例年、端午の節供が近づいたこの頃になると

初節句の祝いに・・いうて、

和紙工房に来てのお客さんはさすがに減るんじゃが

きのうも緋鯉三匹の注文があったでぇ。

 

カープファンなんと。

 

この前も赤い鯉ばっかり注文してのお客さんがおっちゃったけぇ、

和紙工房のボランティアさんが“真鯉(黒い色の鯉)もありますよ”・・いうたら

“カープが・・・”言うちゃったらしい。

 

 

おっ、これこれ。

 

大竹和紙工房のオリジナルで、大きさは70僉2千円じゃ。

 

カープ好きの人は、部屋にこの赤い鯉のぼりを飾って、

応援しとってんじゃろか。

 

今日ももうすぐ試合開始!

きのうはええ感じで勝った!

 

三連敗の後は、三タテじゃあ。

 

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

和紙の鯉のぼり

  • 2018.04.04 Wednesday
  • 17:34

 

わし、タケちゃん。

 

DSCF7287.JPG

 

『タケちゃん!鯉のぼりを飾る風習は、だんだんすたれていくんかねぇ』

 

いつもにも増して、弱気な和紙工房のボランティアさん。

ここんとこ、鯉のぼりのお客さんが少なかったけぇのぉ。

 

じゃけど、きのうは朝から忙しゅうて、

見本の鯉のぼりをしまう暇もなかったで。

 

遠くから来ちゃった人。

ほうほうアメリカに送る・・いう人もおっちゃった。

 

お客さんがたいてい気にしてんは、鯉のぼりの大きさじゃ。

 

いつも天井から1.2mの真鯉を吊り下げとるんじゃが、

やっぱり近くで見んと大きさがようわからん。

 

ほいで、鯉のぼりのお客さんには、

見本の1.5mんと1.2mを見てもろうとるん。

 

たいてい、迷うてじゃ。

 

『息子は、マンション住まいじゃけぇ、あんまし大きいと・・・ね』

 

初節句を祝う親御さん、気をつこうてんじゃね。

 

IMG_0942.JPG

 

手描き鯉のぼりの大石さんのところでは、

「プレゼント包装」も千円ほど別料金がかかるがしてくれてじゃ。

 

カッコええじゃろ。

 

端午の節供まであと1か月。

 

和紙工房のボランティアさんのシンパイを吹き飛ばすほど

お客さんが来てくれちゃったらええんじゃがの。

 

待っとるで〜〜

 

外観.JPG

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM