インストラクター養成講座はじまる!

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 07:12

 

わし、タケちゃん。

 

この前の土曜日、「紙すき体験インストラクター養成講座」が

はじまったでぇ。

 

わし、行けんかったけぇ、

世話人さんに話を聞いたん。

 

受講者は、10人。

あと、大竹市の生涯学習課の課長さんやら保存会の役員さんらぁ、

えっと集まったらしい。

 

まず、防鹿の集会所でオリエンテーションたらをしたんと。

なんで、この講座を開いたんか、しっかりわかってもらわんと、

10回も通えんけぇの。

 

それから手すき和紙の里の作業場に移動して、

紙漉きの一通りの工程を説明したそうな。

 

DSC_0906.JPG

 

DSC_0909.JPG

 

実際に、煮たり、砕いたりしとる様子を見てもろうたワケじゃないんじゃが

おいおい機会があるじゃろうて。

 

ほいで、1回目の紙漉き練習じゃ。

 

今回の講座は、ハガキや半紙ぐらいの大きさの

紙漉きの指導ができるようになるんをめざしとる。

 

今回は、ハガキの紙漉き。

 

DSC_0913.JPG

 

来年春には、この指導ができるようになってもろうたら

ええのぉ。

 

ほいで、最後はまた集会所に戻って、自己紹介をしたんと。

 

書道を長くやっとっての人。

和紙で花を作りたい人。

実家が紙漉きをやっとった人。

老後に社会に役立つことをしたい人。

 

応募の動機もいろいろ。

 

次の講座は、来週の24日。

 

だんだん寒うなるんで防鹿に通うんもタイヘンになるが

みなさん、よろしゅうお願いします。

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365

◆電話 090-5370-2463(森本)
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

 

刈取りの秘密兵器

  • 2018.11.10 Saturday
  • 17:45

 

わし、タケちゃん。

 

今シーズン、一回目の刈取りから

あっという間に一週間。

 

明日の日曜日も刈取り、あるでぇ〜

 

先週は、13人が朝から3時近くまで作業をしたんじゃが

目標の300キロには、ちいと足りんかった。

 

IMG_1068.JPG

 

小瀬川のシモの畑は、日当りがあんまし良くないせいか、

ひょろっとしたコウゾが多い。

 

チカラの弱い和紙工房のボランティアさんでも

せん定ばさみでなんとか枝を切ったんじゃが

太い枝は・・・。

 

『タケちゃん!昼からの作業に

 こんな道具を貸してくれた人がおっちゃったんよ』

 

IMG_1072.JPG

 

じゃ〜〜〜ん

 

でっかいハサミじゃ。なんいう名前なんじゃろ。

 

IMG_1075.JPG

 

このハサミを使うと、

和紙工房のボランティアさんでも太い枝がスパッと伐れるそうな。

 

『タケちゃん!世の中には便利なもんがあるんじゃねぇ』

 

和紙工房のボランティアさん、ホームセンターに買いに行こうと思うとるらしい。

 

あしたは、150キロを目標に刈り取って、

その次の18日の日曜日には、「皮はぎ」を3釜するらしい。

 

和紙づくりに興味のある人、

冬にしかせん作業じゃけぇ、手伝いに来ん?

 

けっこう楽しいでぇ。

 

冬の作業<11〜12月分>協力者募集!

 

◎コウゾの刈取り

11月4日(日)、11月11日(日)、12月2日(日)9〜15時(予定)

 

刈り取ったコウゾを切り揃え、和紙の里まで運ぶまでの作業を行います。

 

◎コウゾの皮はぎ・そぶり

11月18日(日)、12月15日(土)10〜15時(予定)

※そぶり作業は、平日も行います

 

大釜で蒸したホカホカのコウゾの皮をはいだり、

黒皮を削るそぶり作業を行います。

 

午前中や午後だけの作業の方もご参加ください。

 

<集合場所>「大竹手すき和紙の里」(大竹市防鹿3365)

      ☆当日は、少雨・小雪決行。

       荒天等で中止の場合は、朝7時までにメールで連絡します。

 

<準備>  午後も作業される方は、弁当を持参ください。  

      刈取り参加者は、防寒着、カッパ、長靴、タオル、飲み物、

       軍手またはゴム手袋を持参。

       樹液等がつく場合がありますので汚れても良い服装でお越しください。

       また、せん定ノコやせん定バサミをお持ちの方はご持参ください。

      皮はぎ・そぶり参加者は防寒着で、タオル、軍手、飲み物をご持参ください。

 

<注意事項>上記作業日の実施にあたっては、「ボランティア行事用保険」に加入しています。

         上記作業日以外でも活動される方は、「ボランティア活動保険」へ

           各自で加入されることをおすすめします 。

           ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます。

         昼食の用意はありません

 

<申し込み>各作業日の2日前までに、

      氏名・電話番号・希望作業を電話またはメールでお知らせください。

      

      携帯番号/090-5370-2463 (プロジェクト世話人:森本)

      eメールアドレス/otakewashi@sage.ocn.ne.jp  

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(プロジェクト世話人:森本)

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365

◆電話 090-5370-2463(森本)
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

IMG_0976.jpg

 

いよいよ刈取り

  • 2018.11.01 Thursday
  • 07:21

 

わし、タケちゃん。

 

朝晩は、だいぶ寒うなったのぉ。

 

おっ、今日から11月かぁ。

 

保存会の“冬”の作業じゃが、

ことしは和紙の里のリノベーション工事の関係で

いつもの年より1か月早く始まるで。

 

この4日の日曜日がコウゾの刈取りの一回目じゃ。

 

自然の中じゃけぇ、ストレス解消になるかもしれん。

 

天候もええし、ちっと手伝うちゃろう〜いう人は、

和紙の里に9時に集まりんさい!

 

<刈取りの流れをかんたんに紹介>

 

紙漉きに使うコウゾは、1年ものを使います。

 葉の落ちたコウゾを根元から鎌やノコ、せん定ばさみで切ります

 

IMG_0337.JPG

 

太さごとに分け、束にします

 

IMG_0834.JPG

 

皮はぎがしやすい長さに押切りで切りそろえます

 

IMG_0837.JPG

 

重さを計ります。昨年は、数回の刈取りで合計1.7トンを収穫

 

IMG_0357.JPG

 

冬の作業<11〜12月分>協力者募集!

 

◎コウゾの刈取り

11月4日(日)、12月2日(日)9〜15時(予定)

 

刈り取ったコウゾを切り揃え、和紙の里まで運ぶまでの作業を行います。

 

◎コウゾの皮はぎ・そぶり

11月18日(日)、12月15日(土)10〜15時(予定)

※そぶり作業は、平日も行います

 

大釜で蒸したホカホカのコウゾの皮をはいだり、

黒皮を削るそぶり作業を行います。

 

午前中や午後だけの作業の方もご参加ください。

 

<集合場所>「大竹手すき和紙の里」(大竹市防鹿3365)

      ☆当日は、少雨・小雪決行。

       荒天等で中止の場合は、朝7時までにメールで連絡します。

 

<準備>  午後も作業される方は、弁当を持参ください。  

      刈取り参加者は、防寒着、カッパ、長靴、タオル、飲み物、

       軍手またはゴム手袋を持参。

       樹液等がつく場合がありますので汚れても良い服装でお越しください。

       また、せん定ノコやせん定バサミをお持ちの方はご持参ください。

      皮はぎ・そぶり参加者は防寒着で、タオル、軍手、飲み物をご持参ください。

 

<注意事項>上記作業日の実施にあたっては、「ボランティア行事用保険」に加入しています。

         上記作業日以外でも活動される方は、「ボランティア活動保険」へ

           各自で加入されることをおすすめします 。

           ボランティア保険は自治体の社会福祉協議会で加入できます。

         昼食の用意はありません

 

<申し込み>各作業日の2日前までに、

      氏名・電話番号・希望作業を電話またはメールでお知らせください。

      

      携帯番号/090-5370-2463 (プロジェクト世話人:森本)

      eメールアドレス/otakewashi@sage.ocn.ne.jp  

 

作業に関するお問合せ/090-5370−2463(プロジェクト世話人:森本)

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365

◆電話 090-5370-2463(森本)
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

IMG_0976.jpg

 

 

 

調べ学習の成果

  • 2018.10.31 Wednesday
  • 11:36

 

わし、タケちゃん。

 

前にこのブログでも紹介したが

大竹市の小方学園の四年生らぁは、

大竹和紙について熱心に学んどる。

 

おおたけ手すき和紙保存会も

コウゾの植え付けの指導やらで協力しとるそうな。

 

保存会の会長さんから、きのう、知らせが来たん。

 

“先日、小方学園の文化祭がありましたが、私、所用で行けんかったんです。

それで、きのう、子供たちの作った学園新聞を見せてもろうたんですが、

感動しまして・・・・”

 

DSC_0325.JPG

 

たとえば、この新聞。

夏休み、コウゾの水やりを一番やった女の子が書いたそうな。

 

水をやると、ヘタっとったコウゾがぐ〜〜〜と元気になる様子が

書いてあるん。

 

会長さんによると

“自分たちで植えたコウゾを炎天下で管理したせいか、

記事にとっても臨場感があり、子供たちの感性にも驚かされました”

 

 

DSC_0326_HORIZON.JPG

 

「調べ学習」いうそうじゃが、

夏休みの間、保護者の人といっしょに何組か

和紙工房にも話を聞きに来ちゃった。

 

保存会の作業場でも見かけたで。

 

その成果が学園祭で発表した「テーマ別の新聞」なんじゃね。

 

この夏はぶち暑かったのに、

小方学園の皆さん、よう頑張った!!

 

引き続き、大竹和紙のこと、

よろしゅうたのんます!!

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365

◆電話 090-5370-2463(森本)
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

大竹和紙 お徳市

  • 2018.10.30 Tuesday
  • 07:08

 

わし、タケちゃん。

 

いま、大竹和紙工房で「大竹和紙 お徳市」いうんをやっとるで。

 

木がら細工077.jpg

 

ボランティアさんが考えたうたい文句が

“最初で最後のお徳市“じゃけぇ、

あっ、大竹和紙、とうとうなくなるんですかぁ・・いう人がおっちゃった。

 

いんや、その反対じゃ。

 

来年春、大竹和紙を漉いとる「大竹手すき和紙の里」が

リニューアルするのは話したと思うが、

工事の前に、在庫品を整理することになったん。

 

ほしたら、何年もかけてたまった“訳あり品”がえっとあったけぇ、

この機会に安う提供しよう!いうことになったんと。

 

DSCF7386.JPG

 

値段は、通常の半分くらいかの。

さらにお徳なもんもあるで。

 

大々的に言うんじゃなくて、静かにやっとるけぇ、

和紙工房に来たら、スタッフに問うてください。

 

無くなり次第、終了じゃけぇの。

 

待っとるで!

 

 

外観.JPG

 

大竹和紙工房

営業日は、月・火・金・土 ※祝日のぞく

11月3日の文化の日は、お休みです
 

広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

CS突破!

  • 2018.10.20 Saturday
  • 06:20

 

わし、タケちゃん。

 

カープ、強いのぉ。

 

4タテじゃ。

 

大竹和紙工房のボランティアさんは、

『やっぱりチームカラーが赤!いうんがええんじゃね』

 

球場を真っ赤に染めたファンを見て思うたそうな。

 

「赤」は情熱やチカラを与える色なんと。

 

相手チームから見たら、マツダスタジアムは、

選手とファンの情熱がほとばしっとるオソロシイところかもしれんの。

 

DSCF6688.JPG

 

この間、面白いことを聞いたで。

 

クイズ大会の参加賞に「ちびこい」をえっと買うてくれちゃったんじゃが

子供らぁは、赤⇒緑⇒黒の順にちびこいを選んだそうな。

 

さすがカープのまちじゃ!

 

DSCF5070.JPG

 

ほうほう、商店街の人もCSに行くけぇ、

赤い鯉を持って行ったで。

 

もち、勝利じゃ!新井さんとキクチが大活躍した日じゃ。

 

大竹和紙工房には、

ちっこいんから大きいんまで、赤い鯉がえっとおる。

 

日本シリーズに行く人!

手すき和紙の赤鯉、ええハタラキするでぇ。

 

IMG_0540.JPG

 

大竹和紙工房
広島県大竹市新町1−5−1  ☎0827-52-3641
◆営業/月・火・金・土の10時〜16時 ※祝日除く
◆JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分
◆広島駅から山陽自動車道を使って車で30分

 

あさって説明会

  • 2018.10.18 Thursday
  • 17:19

 

わし、タケちゃん。

 

きのうの中国新聞、見た?

 

目立つところに「大竹和紙継承へ人材育成」いう記事が

のっとったじゃろ。

 

 

紙漉きの原料をつくる「紙料づくりスタッフ」は、

あさって20日の土曜日に説明会をするでぇ。

 

どんなことをするんか、やっぱり実際に見んとわからんけぇの。

 

スタッフになるのは??じゃけど、

和紙の工程に興味がある・・いう人も来んさい。

ええ機会じゃけぇ!

 

紙料づくりボランティアスタッフ募集

 

<募集説明会>

と き/10月20日(土) 9時半から11時半

ところ/大竹手すき和紙の里 (大竹市防鹿3365)

申込み/前日までに、電話で保存会・森本まで

    ☎090−5370−2463

 

IMG_0976.jpg

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365

◆電話 090-5370-2463(森本)
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

まんぷくバーベキュー

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 15:04

 

わし、タケちゃん。

 

先々週の台風で仕切り直しになった

恒例の「懇親バーベキュー」。

 

21人が参加して、この日曜日、和紙の里でやったで!

 

IMG_1051 - コピー.JPG

 

平均年齢は、ちと高いんじゃが

さすが長年、和紙にかかわっとる人らぁの集団じゃ。

 

食べる!

食べる!

 

IMG_1052 - コピー.JPG

 

ご覧のとおり、今回は、シシ肉の差し入れがえっとあったん。

 

ほいで、写真に撮るのを忘れたが(バカバカ!)

重箱二段に、もぶりを作ってきてくれちゃった

会員さんもおっちゃった。

 

ゆずの香りがしてのぉ。ぶち、うまかったで。

 

ほかにもゴマ菓子やシュークリームや果物やら・・・、

みんなが持ち寄ったうまいもんが

えっとテーブルに並んだ。

 

それがペロリ!なんじゃけぇ。

 

やっぱり、外で、わいわい食べる飯はうまいのぉ。

 

みんな、そう思うた一日じゃった。

 

あんたも来年は、ぜひ来んさい!

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365

◆電話 090-5370-2463(森本)
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

築83年の木造校舎で。

  • 2018.10.16 Tuesday
  • 07:16

 

わし、タケちゃん。

 

大竹和紙工房のボランティアさんは、

大正時代に建てられた古い家に住んどる。

 

あちこちガタがきとるけぇ、

かなり住みづらいらしい。

 

じゃが

『タケちゃん!この家が壊されてゴミになるんがイヤなんよ』

と常々言うとる。

 

さて今日は、ボランティアさんの知り合いからのお知らせじゃ。

 

木がら細工075.jpg

 

安芸高田市に郷野(ごうの)小学校いう学校があって、

残念なことに来年三月で閉校するそうな。

 

昭和10年に建てられた木造校舎が素晴らしゅうて、
校舎をぜひ残そう!いう「郷野小学校再生プロジェクト」が

活動しとってじゃ。

 

そのグループが「森聞き」いう映画を

歴史ある木造校舎の中で観ようと企画しちゃった。

映画の後には、座談会もあるで。

 

詳しくはこちらで

http://go-gono.net

 

日にちがせまっとるが

木造の保存に興味がある人、

この日曜日は郷野小学校のイベントがおすすめで!

 

郷野小学校で映画を

 

20181011_1770958.jpg

 

と き/10月21日(日) 入場無料 13時30分〜17時 (受付 13時〜13時半)

ところ/郷野小学校1年生教室 (安芸高田市吉田町桂234)

主 催/郷野小学校再生プロジェクト

 

1限目 13:30〜14:00 校舎見学

2限目   14:00〜16:10   映画鑑賞「森聞き」

3限目   16:15〜17:00   座談会「聞き書き、郷野小学校」

 

申し込み・問い合わせ

http://go-gono.net    ☎090-8363-1014(畝崎)

紙料づくりスタッフ募集

  • 2018.10.04 Thursday
  • 11:50

 

わし、タケちゃん。

 

DSC_0637.jpg

 

いつも人手が足らん、足らん・・いうてばかりおるが

ホンマ、紙漉きいうんは、手間がかかるん。

 

和紙工房のボランティアさんは、

前は、ポイポイ、紙を捨てとったが

大竹和紙にかかわるようになって、切れ端でもとっておくようになったそうな。

 

キズヨリ前コウゾ.jpg

 

和紙づくりの中で、いちばん手間がかかるんが

“紙料(しりょう)”いう和紙の原料をつくる工程じゃ。

 

刈り取ったコウゾの皮をはぎ、煮て、さらして、

ちっこいヨゴレを取って、砕いて・・・、

ふ〜〜〜〜、いろんな工程を経て、紙料ができる。

 

IMG_0147_1.JPG

 

それを漉き手さんが漉いていくん。

 

いま、この紙料づくりを担うスタッフが足りん。

 

ほいで、ボランティアで手伝うてくれる人を募集しとる。

 

説明会をするけぇ、興味がある人は

和紙の里に来てみんかのぅ。

 

どんなことをするんか、保存会の人が

しっかり説明したいそうで。

 

紙料づくりボランティアスタッフ募集

 

<募集説明会>

と き/10月20日(土) 9時半から11時半

ところ/大竹手すき和紙の里 (大竹市防鹿3365)

申込み/前日までに、電話で保存会・森本まで

    ☎090−5370−2463

 

IMG_0976.jpg

 

おおたけ手すき和紙保存会 (大竹手すき和紙の里内)
◆広島県大竹市防鹿3365

◆電話 090-5370-2463(森本)
◆山陽自動車道「大竹IC」から車で約15分  
◆JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM